日曜劇場「陸王」第2話のあらすじと見どころ。ソールの素材「シルクレイ」をどのように交渉して手に入れるのか?

日曜ドラマ「陸王」、第2話の見どころを紹介します。

こはぜ屋のマラソン足袋開発の次のステップ、ソールの素材「シルクレイ」をどのように交渉して手に入れるのか?怪我からの回復を茂木はどのように進めるのか?

 

全話のあらすじ、キャスト、主題歌、原作、マラソン足袋のモデルのまとめ記事はこちらをどうぞ↓↓

『陸王』ドラマのまとめ【ネタバレ】キャスト、主題歌、原作

 

基本情報

名称: 日曜劇場『陸王』チャンネル: TBSテレビ系列

放送日: 2017年10月29日(日)22日(日) 21:00〜22:00 *選挙特別番組のために延期になりました。

 

 

「陸王」第二話のあらすじ【ネタバレ注意】

熱い!強烈に熱い人達のドラマです。

あらすじ【ネタバレ注意】

 




 

社長の宮沢は取引銀行の提言を断る。「こはぜ屋」としてマラソン足袋を開発することにするを決定したのである。
「陸王」と名付けられた独自開発のマラソン足袋を完成させるために奔走する宮沢。一番の課題はソール、ソールに最適な素材を見つけなければならない。従来の素材では耐久性の高いものは見つからず新しい素材を探すしかないのだ。

宮沢は、左遷された銀行員の坂本から以前紹介された繭を特殊加工したた素材「シルクレイ」をソールの素材として検討する。開発会社は既に倒産していた。必死でこはぜ屋の皆が飯山の行方を探す。苦労の末、ついに元社長の飯山の居場所を発見したが、年間五千万円という高額の特許使用料を要求される。

飯山の協力を得て開発を進めたシルクレイを使ったマラソン足袋はランニングインストラクターの有村から認められる。

 

一方の茂木は新しい走法「ミッドフット」着地の練習を夜遅くまでおこなう。怪我を起こしにくい走法である。
宮沢社長からの手紙が届く、怪我をしにくいシューズと厚く語られた手紙を読む。底の薄いシューズに驚く茂木。シューズを試す。

 

大地は、就職面接に悪戦苦闘している。

 

 

 

ドラマ「陸王」の見どころ

第二回のおすすめの見どころはズバリ、「シルクレイ」を探すところ。こはぜ屋の命運をかけた素材をどのように手に入れるかを確認しましょう。シルクレイとは何か?何故そこまで魅力的な素材なのか?

 

マラソン足袋への方向性が見えていきました。なかしんはミッドフット着地とかかと着地の違いを早くはっきりさせて欲しく気になってます。かかとで着地は理解できますが足の真ん中で着地するとは???気になります。ドラマの中でも紹介されるでしょう。

参考にユーチューブで見つけた、ほぼ裸足で走るミッドフット走行のビデオを紹介します。足全体で着地することが肝です。着地した時にブレーキ(衝撃)がかからないように身体の真下に足の裏全体が着地する走法です。自然に身体の跳ね上がりが減り重心移動が少なくなり安定したは走りになります。

ユーチューブの動画を御覧ください。21秒あたりから見るとわかりやすいのでYoutube開始タイミングをセットしてあります。

 

 

さいごに

今回も熱いドラマが期待されます。演技者を見ているだけでも身体が熱くなり月曜日への活力となるドラマです。

「こはぜ屋」の皆さんには頑張って欲しいです。

 

 

はやくストーリーが知りたいという方は本「陸王」がおすすめです。別記事を書いていますので宜しければご参考ください。

【本】 陸王(池井戸潤著)どんな時にも勝利を信じろ!

 

 
Sponsored Link
 


シェア頂けるとハッピー度がUPします!