プロフィール

こんにちは、なかしんです。

サイトへの訪問ありがとうございます。

このサイトはミニマリストをメインに始めましたが
今はオススメブログになってます(笑)
しかしながらオススメ はミニマリスト視点です。

では、一番伝えたくて広めたい、
ミニマリストになった歴史を紹介します。

ミニマリストのきっかけはアフリカの村での生活

二十代にアフリカに渡った。
ボランティアでアフリカへ。

数年間を彼の国の村で暮らした。

電気はあるが停電はしょっちゅう、家に水道はなく共同水道に水を汲みに行く。
家の壁はブロックを積み上げてセメントで固めてあり屋根はトタン。
アフリカらしい電気も何もない村でもなく、都会のようにビルが有るわけでもなくその中間の村。

村で所有について考える

村で活動を始めてから物理的なモノに関して考えさせられることが沢山あった。

住み始めた初期は村の人達のモノへの感覚が理解できなかった。

物を借りても返さないし、お金を貸しても返さないのはあたりえ。
私のアパートにあるものは共有財産であるかのように断りなく持っていかれる。

必死で自分の所有物を守ることに神経を使う日々。

だんだんと生活に慣れてくるとモノの共有の感覚がわかってきた。
全てのモノを共有のものと考えているわけではなく、
食べ物や生活必需品系のモノは断り無く平気で持って行かれるけれど、
個人的な本やラジカセなどは持っていくまえに断ってくる。

生きるために必須のものに関しては共有する感覚なのだろう。

「お金を貸して」への対応の変化

村の中では私はお金持ちだった。

公務員程度の生活費を毎月得ていたから。
金額は外国人が安全で健康的に生活するに適正な金額であったが、
村の大人たちから見るとお金持ち。

だから「お金を貸して」という相談はしょっちゅう受けた。

ピーナッツを買うから10円貸してというレベルから
家族がピンチなので10万円貸してまで様々。

初期は全てを拒否していたが、知り合いが増えると貸さざるを得ない。
狭い村の中で生活していると助けてもらうことも沢山あるから。

貸し始めた頃はお金を期日を決めて返してもらうことに一生懸命になった。

お金を返すことはあたりまえで、
借りた人にルールを守らせることは正しいと信じていた。

しかしながら返してくれないことが多くなってくると、
だんだんと返済を要求しなくなった。
自分にとって余裕があるお金があれば返してもらわなくてもいいかと。
自分の信じる「貸したものは返す」が正しいかに疑問を持つようになった。

そして、貸す行為はストップしてお金はあげた。

言葉上は貸すと言うがお金を渡したら返ってくることに期待しない。
絶対に返してほしい大きな金額を渡すことは止めた。

殆どのお金は帰ってこなかった。

でも、お金をどうやって返してもらうかに悩むことがなくなり心は落ち着いた。

モノへの固執が減る

お金と同じようにモノに対しての視点も変わってきた。

自分の生活に困らないものであれば誰かに渡したほうが気が楽。

必要な時に誰に借りられるか、何処でいくらで購入できるかを知っていれば
モノを自分自身で確保して持つ必要はないと気がついた。

村を発つころに

日本に帰国する時期が近づくと

「あれはぜひ俺に置いていってくれ」

という要求を毎日、いろいろな人から言われる。

気分が悪くなることもなく適当に流しつつ、
村の人たちの中で喧嘩にならないと判断したらあげた。
家具や服など生活用品はドンドンとあげた。

どんどんものが減っていくと、何もいらないなあと感じ始める、

何処まで減らせるか挑戦しだした、

高級なカメラやカバンなどは村の誰に揚げても喧嘩になりそうなので、
村から遠く離れた場所で活動中の同僚ボランティアに譲った。

すべての持ち物を誰かに譲った。

飛行場では歯ブラシ1本

帰国の日に空港に持っていった荷物は

歯ブラシ1本、

に加えて旅行に必要なパスポート、航空券、クレジットカード、現金だけ。

チェックインで預ける荷物もなくバックパックもなく手ぶら

服装はTシャツに薄手のジーンズ。
ポケットに歯ブラシとパスポートとクレカ。

アフリカ数カ国を半月ほど旅行してヨーロッパへ移動、
寒い7月のロンドンに着いて凍えそうになり
長袖を買ってしのぎ、
ヨーロッパを数カ国を半月旅行した。

日本に帰るまで手ぶらだった。
別送の荷物もなく何も持たずに日本に着いた。

手ぶらでも一ヶ月海外旅行できた。

手ぶら旅行は何処に行っても旅行者ではなく地元民気分で歩けた。
鞄すら無いことが地元の街を歩いているような気分。

ミニマリストを続ける

日本にはアフリカに行く前に実家に預けたダンボール10箱分の荷物が待っていた。
本、ビデオ、服、寝袋、工具、

ほぼ全部捨てた。

サラリーマンをするための服、シュラフ、工具だけを残した。

そしてサラリーマンになった。

 

今は完全な手ぶら生活はしていない。

書類、パソコン、スーツにシャツなどスーツケース2つ程度の荷物は持っている。

バックパックも持っている。

だけど、いつでも全部手放してハブラシ一本で旅立てる自信はある!