郵便受けの中をミニマムに!チラシ、ダイレクトメールの止め方!

郵便受けを空けるとドッと出てくるダイレクトメール、チラシ!

毎日、処理が大変です。

長期不在時に郵便受けから溢れて空き巣に目をつけられないかも心配です。

そんな悩みをミニマノマドが解決します!

ミニマノマドの郵便受けはA4が入らない小さな郵便受けです。ノマド旅行に出かけると一週間や1ヶ月戻らないこともあります。

今日は、ポストが溢れないようにするためのアイデアをあなたにシェアします!

この記事を読んでほしい人
・一人暮らしで小さなポストのマンションに住んでいる。
・ポストを開けると大量のチラシやダイレクトメールでパンパン。

郵便受けに入ってくる困ったもの

・チラシ広告
コレは本当に大量に来るので困ります。
マンションによってはチラシ専用のゴミ箱を郵便受け近くにおいてる場合もありますね。

・ダイレクトメール
A4やA4ファイルサイズのダイレクトメールは小さな郵便受けは入りません、半分は外に出るので、防犯上は最悪です。

ダイレクトメールや企業からのプレゼントを止める方法

送付した企業に電話してリストから外して貰いましょう!

ダイレクトメールやプレゼント系のものがカード会社や関わった会社から来ると電話します。送付リストから外してもらうのです。

電話して住所氏名を伝えると企業はしっかりと送付を止めてくれます。電話の手間はかかりますが、続けていくとダイレクトメールは来なくなります。

企業から送られてくる誕生日プレゼントや記念品も同様に電話して止めてもらえます。

最近良かったことは、ANAスーパーフライヤーズカードのカレンダーと手帳の送付を止めると500マイルを代わりに貰えました♫

ちらし広告の止め方

「広告不要」と書いたマグネットやステッカーを郵便受けに貼ってください。

ほとんどのチラシ広告は投函されなくなります。隣の郵便受けと比較してみるとよくわかります。

それでも、入れてくる業者もたまに発生しますヽ(`Д´)ノプンプン

そんなときは、ちらしの注文や問い合わせ電話して苦情して止めて貰いましょう。

配布業者に電話しても効果は薄いのです。依頼しても再びチラシが入ることが何度か有りました。配布者にまで徹底しないからでしょう。

しかし、広告を出している会社は評判が悪くなると困るためか、配布業者に「広告不要」のポストに入れないようにと指導するようです。

どうしても止められない郵便局の地域限定ダイレクトメール

連絡しても止めることができなかったのが郵便局の地域限定ダイレクトメール広告です。

電話して止めてほしいとお願いすると、チラシではなく郵便物なので絶大に無理との説明を受けました。

無作為に投函するものはチラシ以外の何物でもないと思うのですが・・・

1ヶ月以上家をあける場合

長期でどうしても自宅に戻れないときは、友人にポストを見に行って貰います。
1ヶ月以上空けると、重要な書類が来ていないか溢れかえっていないかが心配になるからです。
ポストのダイアル番号を伝えてあげてもらい郵便物を取り出して貰います。

長期不在の場合、3ヶ月以上

郵便局に転送届を出します。友人宅へ転送します。親族でも良いでしょう。

おわりに

ミニマノマドが気楽に安全にいつでも家を開けるために、郵便受け内のミニマリズム活動は重要です!

重要ポイント
・企業からのダイレクトメールや不要なプレゼントは電話して止めてもらう。
・郵便抜けに「広告不要」のステッカーを貼る。

私(ミニマノマド)としては郵便受けそのものを無くしたいです。送付物はメールで連絡をもらいコンビニ、郵便局、宅配便の事務所に自分で出向く時代に変わって欲しいです。

今はゆうちょ銀行でも通帳無しを選べるので、郵便受けも無しという選択肢があっても良いのでは?と考えてます。