なかしんのプロフィール

持ちモノを減らしたくなったきっかけ

アフリカでの生活、二十代でアフリカに渡った。

青年海外協力隊員としてアフリカに派遣。数年間を彼の国の村で暮らした。電気はあるが停電はしょっちゅうで家に水道はなく共同水道に水を汲みに行くような街。家の壁はブロックを積み上げてセメントで固めてあり屋根はトタン。本当にアフリカらしい電気も何もない村でもなく、都会のようにビルが有るわけでもなくその中間の村。

村で活動を始めてから物理的なモノに関して考えさせられることが沢山あった。

住み始めた初期はとにかく村の人達のモノへの感覚が理解できなかった。物を借りても返さないしお金を貸しても返さないのは普通。私のアパートにあるものは共有財産であるかのように、断りなく持っていかれる。

必死で自分の所有物を守ることに神経を使う日々であった。

だんだんと生活に慣れてくるとモノの共有の感覚がわかってきた。全てのモノを共有のものと考えているわけではなく、食べ物や生活必需品系のモノは断り無く平気で持って行かれるけれど、個人的な本やラジカセなどは持っていくまえに断ってくる。

生きるために必須のものに関しては共有する感覚なのだろうと納得した。

村の中で私は小金持ち

公務員程度の生活費を毎月得ていたからである。金額は外国人が安全で健康的に生活するに適正な金額であったが、村の大人から見るとお金持ちである。だからお金を貸してくれてという相談はしょっちゅう受けた。

ピーナッツを買うから10円貸してというレベルから家族がピンチなので10万円貸してまで様々な依頼が来る。

初期は全てを拒否していたがだんだんと仲が良い人が増えると貸さざるを得ない。狭い村の中で生活していると助けてもらうことも沢山あるから。貸し始めた頃はお金を期日を決めて返してもらうことに一生懸命になった。

お金を返すことが借りた人にとってもルールを守るということで良いことだと考えていたし正しいと信じていたから。

しかしながら返してくれないことが多くなってくると、だんだんと返済を要求しなくなった。自分にとって余裕があるお金があれば返してもらわなくてもいいかと思考が変わった。

貸すという行為は止めてあげるとことにした。言葉上は貸すと言うがお金を渡したら返ってくることに期待しない。逆に自分の生活が脅かされる大きな金額は渡さないようにした。

時が流れモノへの固執がドンドンとなくなっていく自分が居た。

自分の生活に困らないものであれば誰かに渡したほうが気が楽。必要な時に誰に借りられるか、いおくらでどこで購入できるかを知っていればモノを保つ必要はないと感じるようになった。

日本へ帰国する時期が近づくと村人達の目の色が変わってきた。

「あれはぜひ俺に置いていってくれ」という要求を毎日受けるようになった。私も三年の生活を経験してきたので気分が悪くなることもなく適当に流した。そして金額的に村の人に渡しても良いと思えるものは全てあげた。椅子や服など生活用品はドンドンとあげた。高級なカメラやカバンなどは村の人の誰に揚げても贔屓したと感じられるのが嫌なので、私の住む村から遠く離れた場所で活動中の協力隊員に譲った。

すべての持ち物を誰かに譲った。

アフリカを去る時の荷物は歯ブラシ1本

帰国の日に空港に持っていった荷物は

パスポート、航空券、クレジットカード、現金、そして何故か歯ブラシを1本

チェックインで預ける荷物もなくバックパックもなく手ぶらであった。服装はTシャツに薄手のジーンズ。

帰路ははアフリカ半月とヨーロッパ半月の1ヶ月間を手ぶらで旅した。

手ぶらでの旅行は満足度が高かった。何処に行っても旅行者ではなく地元の人間のような気分で歩ける。鞄すらないことが地元の街を歩いているような気分になれた。

ミニマリストを続けている

アフリカから帰ったあとはサラリーマン。
完全な手ぶら生活ではなく最低限の荷物は持つ。スーツにシャツにカバンなど。スーツケース2つ程度の荷物は持っている。

しかし今もほんとうの意味で手ぶらになりたくて毎日考えている。

でもアフリカから出るときほど全てを無くしたいとも思っていない。必要なものは持てば良い。