日曜劇場「陸王」第8話のあらすじ【ネタバレ】3億円の業務提携?

「外資フェニックスとの交渉の行方は?」

シルクレイ製造機械が壊れたこはぜ屋。
製造を再開するには1億円以上の資金が必要。
銀行は資金を貸さないし、ゲンさんも無理と断言。
外資アパレルメーカーのフェリックスからの買収提案がくる。

宮沢社長が出した起死回生策は?

基本情報

名称: 日曜劇場『陸王』チャンネル: TBSテレビ系列

放送日: 2017年12月10日(日)21:00〜22:00

 

陸王チームにまたもや困難が舞い降りましたね(泣)
テレビを見ていて心配になってしまいます。
だけど、ここが陸王の見どころですよね~。

どんなときにも勝利を信じて対策を考えていく!
見ている私に力を与えてくれます。
明日のサラリーマン作業も勝利を信じて頑張れます。
雇われの身でも熱く頑張れば勝利につながると陸王チームが教えてくれます☆

 

見逃した方はこちらから。見逃し放送TVerで第8回の開始まで見れますよ☆無料☆

 

日曜劇場「陸王」のまとめはこちら

 

 

ドラマ「陸王」第8話のあらすじ

こはぜ屋がさらなる窮地に追い込まる。
銀行を辞めて投資会社に移った坂本とも信頼関係が崩れる。
茂木はアトランティスから再契約を持ちかけられ悩む。

(予告動画です)

ドラマを見るまでストーリーを知りたくない方は飛ばしてくださいね★

 

 

坂本はフェリックスに会社を売ることを提案する。
宮沢社長は声を荒らげる。他人に会社を渡すなどできるわけではないか!!
坂本と宮沢は決裂。帰ってくれと言う。
宮沢社長は、こはぜ屋を売るわけ無いだろうと

陸王を宣伝するために「行田市民駅伝に出ませんか?」と提案が来る。
でも今は駅伝に出ている場合じゃないんですと宮沢社長はことわる。

茂木は豊橋国際マラソンにでることを監督に訴える。
手塚と直接戦うために!怪我を克服したことをはっきりさせるために。
監督はしぶりながらも承認する。

村野は茂木に申し訳ないと謝る。
一億円がないと陸王の製造を再開できないと。
残念だけれど陸王はこれまでだ。

藁をもつかむ思いで1億の投資を探すこはぜ屋の面々。
しかし、みつからない。
そして赤字が出始める。200万もの赤字。
ゲンさんは、村野と飯山との契約を解除することを宮沢社長に強く要求する。

飯山のフェリックスとの電話をたまたま聞いてしまう。
シルクレイの権利を渡すつもりですか?飯山さん?
飯山は答える、シルクレイを作り続ける方法はあるのか?

大地と宮沢社長も喧嘩になる
「チーム陸王は解散だ!」と思わず言う宮沢社長

アトランティスは茂木に接触する
茂木は答える「村野さんと相談して決めます」と

茂木は10000メートルの豊橋マラソンのエントリー条件のレースに出る

ダイワ食品の陸上部も会社の方針で陸上部の縮小に向かっているとの噂がでている

茂木に謝りに来た宮沢社長
「またいつか社長の作った靴を履ける日を楽しみにしています」と熱く答える

宮沢社長は決意をこはぜ屋の主要メンバーに伝える
みんなで陸王のために「駅伝に出る」と言う
そして選手たちの気持ちのが分かるかもしれないと
少しぐらい最期にやってみてから解散してもいいじゃないかと

10位入賞したらインタビューも受けれる
安さんは足を痛めていた、代わりは
今回は棄権しようという宮沢社長
そこに、坂本がくる、当日変更は補欠だけと言う
安さんは、チーム陸王の全員を登録していた
村野、飯山、坂本、みんな補欠として登録していた

坂本が加わり行田市民駅伝を走る陸王チーム

同時に茂木は10000メートル・ディスタンスチャレンジに出場

付きはドンドンと陸王チームに渡っていく

ディスタンスチャレンジ5000メートル地点、トップグループから抜け出す茂木
仕掛けは成功するのか?

走れない坂本が走る、
宮沢社長にタスキが渡った。
前を走る選手が倒れた、それを見た宮沢社長は助けに入る
倒れた先週をおぶって助ける宮沢社長
10位に入れそうだったのにと残念がるが社長らしいねと納得の陸王チーム

7000メートル地点からスパートを掛ける茂木

大地がドンドン抜く
11位まで来た
会社でネット放送で応援する、ゲンさんと飯山

坂本が宮沢社長に教える
飯山さんはフェリックスからの提案を断ったんですよと
陸王を宮沢社長と作ることをまだ諦めていないんですよ
宮沢社長は決意するフェリックスの御薗社長に合ってみると

茂木は8000からミッドフットができなくなり順位を落とした
監督は言う、このままではフルマラソンは無理だと、原因はそのシューズ(陸王以外のシューズ)だと

フェリックスの御園社長との階段が始まる
御園社長はシルクレイに興味があると明確に言う
履きやすくて丈夫でエコな素材が必要です

御園は言う、開発部門からは5年は開発にかかると答えだったと
だから技術を買収することに決めましたと
「こはぜ屋」の名前は残した状態で3億を直ぐに出資しますと言う
我々が協力すれば世界に通用するビジネスができると信じていると握手をもとめる
前向きに話を進めたいと手を握り返す宮沢社長
「後ひと押しだな」とにやりとする御園

アトランティスが茂木に接触する
アトランティスの技術センターを訪問した
茂木だけのために作ったシューズを提案される
「村野さんが関わらないならお断りします」と茂木は答える
アトランティスはダイワ食品陸上部全体をサポートすると提案する
迷う茂木

 

今週はココまででした。
来週は最期の戦いが始まる雰囲気がムンムンとでてましたね。

 

 

ドラマ「陸王」第8話の見どころ

第8話はこはぜ屋が買収を持ちかけられてどう対応するかが見どころです。
宮澤社長がどう対応するのか?起死回生策はあるのか?
フェリックスの御園社長の本当の狙いは?

必ず勝利を信じれば道はあると信じて戦う陸王チームの面々。
行田市民駅伝で再び陸王チームの結束が熱くつながる!!!

 

 

ドラマ「陸王」第8話を予想【参考、ネタバレ】

なかしんが独自にコレまでのドラマのストーリーと本の内容から第8話を予想してみます。

(予想した結果を参考までに残しています)

 

シルクレイの特許を外資に個別に売らずにこはぜ屋に協力した飯山。飯山は宮沢社長に提案する、買収の提案を蹴ってシルクレイを供給する業務提携をすべきと。
宮沢社長は最終的な買収のリスクを取って、設備投資を含む業務提携を達成した。
こはぜ屋は外資のフェリックスの資金で一気に製造ラインを拡大していく。
大地が冷たく断られ続けた中で必死で見つけたアッパー素材。檜山(ひやま)の会社の素材を使い陸王の量産が進む。

大地は陸王の開発チームで培った経験で就職活動もとうとう上手くいく。しかし逆に就職することに迷いがでる。こはぜ屋で続けたいと。

 

 

ドラマ「陸王」第8話の感想

駅伝大会で坂本が参加することになったときは泣きましたね~
「みんなチーム陸王じゃないですか」との安さんのセリフ、感動でしたね(泣)

茂木はアトランティスと徹底抗戦していることがうれしいですね
村野さんに絶対の信頼をもっている
アトランティスの策略に負けずに戦ってほしい
陸王チームも早く製造の再開を進めてほしい☆

フェリックスの御園社長は嫌な感じでしたね~
買収を繰り返してきた嫌な社長の雰囲気が出まくっていましたね
宮沢社長は負けずに来週はやっつけてほしい!!!

 

 

おわりに

日曜劇場「陸王」残りは2回となりました。

熱い結末に期待が膨らみます☆

第9話も楽しみです!

 

ストーリーを先取りしたい方は原作本を読むのも良いですよ♬

【本】 陸王(池井戸潤著)どんな時にも勝利を信じろ!

 

TBS陸王公式サイトはこちら