便利なツール

【経験談】Webサイトの購入は投資の価値あり?原資回収は何ヶ月?

webサイト購入は投資の価値あり?原資回収は何ヶ月?

https://nakashin.net

最近、Webサイトやブログサイトを売ったり買ったりできるようになりました。

でも、情報は知っているけどサイトを購入して実際に利益がでるの?と気になりますよね。

なので、今回は私が人柱としてサイト売買を活用してWEBサイトを購入した経験談のご紹介です。

購入までの検討はこちらの記事でどうぞ→Webサイトの売買のメリットとは?デメリットもあるの?【体験談あり】

(注記)売買したサイトを特定できないようにサイト名と金額は変えてます。

サイトを購入に利用したのは「サイト売買Z」

サイトの購入時に使ったのはサイトM&Aで有名な「サイト売買Z

私の趣味に関連するWebサイトが売りに出ているのを見つけ、価格も60万円程度と適切かと思われる金額でした。

(注記)事前にネット売買について調べたところ、5〜10万円などの格安サイトはアクセスがなかったりペナルティを受けている可能性が高い。

該当のサイトの公開されている月売上げは2万円、2年で原資回収として計算すると48万円、交渉すれば50万円くらいで購入できるかと見込んでやり取りを申し込みしました

申込後にサイトのURLや詳細を開示してもらうために「サイト売買Z」へ免許証のコピーを提示。売り手が詐欺である可能性を減らせますから、身分証明書を必ず確認する点は安心できますね。

サイトの情報を開示してもらい、アナリティクスの月毎のデータ、アフィリエイトの売上記録も確認できました。

サイトを購入するか検討する

このサイトを確認していて気になった点は、グーグルのコアアップデートの影響を受けてPVが減少していること、そしてアフィリエイトの売上に季節性があり2万円の売上は一番良い時期のものであることです。

ここから検討に入ります。

  • 買って問題ないか? →サイトの内容は私の趣味に合致していて運営していける
  • 購入額を取り戻すに何年かかるか? →50万円で購入すれば、約2年で達成できる

この考えをもとに購入する方向に決めて50万円で打診しました。

サイト売買の契約がすすむ

4日後にサイト売買Zの担当者さん経由で売却者さんが合意したと連絡がきました。

価格についてかんたんに値下げを受け入れてくれたことが少し不安になりますが購入を決定します。

サイト売買Zさんが契約書を作ってくれ、オンラインで両者がサインして売買契約(譲渡契約)は完了。

サイトの代金50万円にサイト売買Zさんの仲介料5万円を加えて55万円、55万円に消費税10%を加えた60.5万円をサイト売買Zさんに送金。

エスクローサービスを使うのでサイトの引き渡しが完了するまではお金はサイト売買Zさんが預かります。

エスクローサービスはサイトの売買では必須だと思います。契約書で相手の住所氏名は分かっているとはいえ、実際にサイトが引き渡されなかったときにお金を取り返すために裁判することは労力がかかりすぎます。

送金が完了したのに地に、売却者さんからワードプレスのIDとパスワード、ドメインの引越し情報、グーグルアナリティクス、サーチコンソールのアクセス権を貰います。

サイト引っ越しが完了してから預けたお金が売却者さんに振り込まれるのですが、不具合点があれば7日以内に報告しなければなりません。

そのため、引っ越しには7日間の猶予しかありません。

このあとのサイトの引っ越しがホントに大変でした。

Webサイト購入後の引っ越し

ワードプレスの引っ越し

まずワードプレスの引っ越しです。

サイト引っ越し専用の有料プラグイン「All-in-One WP Migration」を購入してトライしたのですが何度やっても写真が引っ越しできません。

調べていく中で、原因は写真のファイル名が「日本語」であると突き止めて、「All-in-One WP Migration」のサポートデスクに英語で解決方法を問い合わせました。しかしエンジニアに問題点は伝えたというだけで解決に繋がりません。

FTPでの引っ越しや、WPに付属している引っ越し方法も試しましたがうまくいかず。

最終的に「UpDraftPlus」プラグインを使うことで完了できました。ホントにUpDraftPlusには無料なのに高性能で感謝です(後に有料版も購入しました)。

サイトを購入時には引越しでトラブルが発生することを考慮して作業する時間を確保しておくことが大事です。私はサラリーマン後に作業していたので寝不足になりましたし、終わりが見通せないのでかなり焦りましたね。

有料で5万円程度でサイトの引越しを請け負ってくれる業者に頼むことを検討したくらい初心者には難しい作業でした。

ドメイン情報の引っ越し

私の使っているドメイン会社は「ムームードメイン」、売却者さんのドメイン会社は「お名前どっとコム」です。

ムームードメインに引っ越ししたかったのですが手間が多いことがわかり諦め。

新しく「お名前ドットコム」でIDを作り売却者さんにパスワードを渡すことで移行できました。

お名前ドットコムはドメインの引っ越しには最適で、とても楽でした。同じドメイン業者間の移動は簡単にできます。

グーグルアナリティクスの引っ越し

アナリティクスの引っ越しは苦労しました。

アナリティクス閲覧の権限はグーグルのIDを持っていれば簡単にできるのですが管理者権限を渡すのが難しい。

今回は売却者さんが、同じグーグルIDで販売するサイト以外に複数のサイトをアナリティクスで管理していて、切り離す必要があったのです。

最終的には売却者さんが全部のアナリティクスの権限を私に譲ることで管理者権限の移行を完了できました。売却者さんの持っている他のサイトはアクセスが少なかったので救われました。

サイトを売りに出している売却者さんも業者ではなく一般のひとだったのでお互いに慣れておらず、この点も購入時には覚悟しておくことが必要ですね。

グーグルサーチコンソールの引っ越し

サーチコンソールの引っ越しはあっさりと完了。

管理者権限を私のグーグルIDに付与して頂き、売却者さんを管理者から外すだけで完了。アナリティクスの移行の大変さと比べると本当にあっさり。

 

しかし、これで終わったわけではなく・・・・

グーグルアドセンスの引っ越し

グーグルアドセンスの引っ越しはコードを変えることで完了です。

サイト内のアドセンスのコードをワードプレスのプラグイン「Search Regex」で検索して私のIDに置換していきます。

ただし、大きな問題はアドセンスの審査が再度行われることです。

今回は無事に通りました。

しかし、サイトのPV状況によってはアドセンスが使えていたのに審査で落ちることもあります。

(経験談)後日、サイトのドメイン名をより内容に合致したものに変更してアドセンスの再審査を申し込むと、何度申請しても落ちました。そして、最終的には元のドメインに戻すことでアドセンスは復帰しましたが、時間と労力は相当失いましたね。

アフィリエイトの引っ越し

アフィリエイトの引っ越しはかなり大変。

特に「楽天」アフィリエイトは、コードを1広告ずつ全て書き換える必要があり気が遠くなります。

楽天アフィリエイトに関しては今後の管理を鑑みて「Rinker」を導入しました。楽天アフィリの広告を一元管理できます。

もしこの購入したサイトを売却する際は購入者の方はRinkerで楽天アフィリのIDへ変更するだけで済みます。今回はRinkerのリンクに全て張り替えるのに1週間かかりました。

その他に、カエレバ、Amazonアフィリエイト、もしもアフィリエイトのリンクは「Search Regex」で検索して私のIDに置換して完了です。

※購入時にはアフィリエイトがどのように貼り付けられているかの確認は大事ですね。

 

サイトの売買を完了してから困った

購入したサイトを運営をはじめて、アクセス数は変化なく開示して貰ったアナリティクスの通り、サーチコンソールの結果も同じくです。

詐欺的に販売のために自演でアクセスを増やしてはいない良い売主さんでした。

 

でも、困ったことも・・・

サイト購入後に困ったこと① 売上が伸びない

アドセンスとアフィリエイトの売上は1万円に達しません。

ある程度は予想していたので驚きませんでしたが心配にはなります。このままの推移で行くと購入額を取り戻すには5年以上かかります。

※ 確実に数年で利益にするにはサイトの強化が必要で、記事の内容も古くなるので継続的な更新とメンテナンスも行っていく覚悟は必要ですね。

 

サイト購入後に困ったこと② リンクエラーの修正

リンクエラーの修正に時間がかかります。

サイトの記事数は300以上ですが、売却主さんは「Broken Link Checker」を導入しておらず、導入するとYouTube、Instagram、写真引用元などのリンク切れエラーが大量に出てきました。

リンクが多いサイトであるので仕方がないのですが、多くの時間をリンクエラーの修正に費やしました。

リンク修正で大変なのは、自分自身で記事を作成していないので、差し替える際に文を読み返して適切なリンクをインターネット上で探す作業に時間がかかることです。

サイトの購入前のサイト確認時に、エラーが表示されてわかりやすいYouTubeやInstagramをチェックして、どれくらい修正に時間が必要なのかを想像しておくといいですね。

 

サイト購入後何ヶ月で原資回収できた?

サイトを購入して、どれくらいの期間で回収できたかの結果は

・・・・・

・・・・

・・・

・・

 

20ヶ月です (*゚▽゚)/゚・:*【祝】*:・゚\(゚▽゚*)

 

一般的にサイト購入時の原資回収は20ヶ月程度と言われているのでぴったりでした。

この金額には購入後に投資したワードプレスの有料テーマ費用、毎月の外注さんへ記事発注費用、サーバー費用も含まれています。

2年に達する前に毎月チャリンチャリンと収入が入る資産となりました。

ただし、不労所得ではなく購入後には数カ月間メンテナンスにかなりの時間を費やしました。

現在も、毎週のサイトの状況の確認とリンク切れの修正、外注さんへの依頼と確認作業が発生します。時間的には月に4日程度の作業で、平均2万円くらいの収入ですので悪くはないです

でも、サイトは広告収入なので世の中の動きに左右され、季節で大きく変わり、そしてグーグル様のコアアップデートでも変わるリスクも有り、いつ崩壊するかはわかりません。

今は、原資回収ができたので売ってしまおうかなぁとも考えています。

おわりに

Webサイトの購入は面白い投資であると思います。すぐに結果は出ませんしゼロになるリスクもありますが、コツコツと作業をする覚悟があるなら悪くないですね。作業の場所や時間を選ばないことも魅力です。

 

■サイト購入までの検討はこちらの記事でどうぞ→Webサイトの売買のメリットとは?デメリットもあるの?【体験談あり】

-便利なツール