1. ミニマノマド

Webサイトの売買のメリットとは?デメリットもあるの?【体験談あり】

(例1)
これまで力を入れて育ててきたWebサイト、アクセスも安定してきて収益も出るようになりました。
でも、他にやりたいことができて、記事を書いたりメンテナンスをする時間が取れなくなった。
困ったな・・・

(例2)
副業でサイトの運営を始めたくなった。
でも、収入が発生するまでには時間がかかるようだし、手法も勉強しなければならない。
困ったな・・・

こんなときにはWebサイトの売買を検討することになります。

私の場合は(例2)で、副業でのWebサイト運営を本格的に始めるためにWebサイトを購入しました。

Webサイトの購入を短く説明

Webサイトはオンラインで購入することができます。

サイトの購入時にはサイトの売買を取り扱うプラットフォーム会社のWebサイトで売りの案件を探します。購入したいWebサイトが見つかれば交渉を申し込み、個人情報を登録すると、サイトのURLや詳細な情報を開示してもらえます。

やり取りは、サイト売買の業者が仲介する場合と個人間でやり取りして決定する2つのパターンがあり、50万円以下だと手数料を下げるために個人間で交渉にするパターンが多い。

Webサイトの購入を決めたら申し込みして、売買契約を交わして、手数料を含めて送金すると売買が成立。

売買成立後に、サイトの引っ越し作業を行い完了です。

Webサイト購入のメリット

  • サイトを1から作成しなくて良い
  • PVやアフィリエイト売上のでているサイトで作り方を学べる

Webサイト購入のデメリット

  • 確認できる力がないと騙される
  • 初期費用が高額になる

Webサイトの売却を簡単に説明

Webサイトはオンラインで売却することができます。

やり取りは、サイト売買の業者が仲介する場合と、個人間でやり取りして決定する2つのパターン。

売却時にはサイトのデータを売買プラットフォームを運営している会社のサイトに登録します。サイトのPV、月の売上、経費、などの詳細な情報を開示して購入検討者に提示。

購入検討者から質問がくれば回答してセールス活動をする。

購入希望者が購入を決めたらオンライン上で契約を交わして電子サイン。購入額が振り込まれたら契約が締結されます。

サイトのドメインとサーバ内のデータを譲渡して完了。

Webサイト売却のメリット

  • 売上を一度の販売で作ることができる
  • 日々の記事の更新とメンテナンスから離れられる

Webサイト売却のデメリット

  • 購入されたあとに取り戻すことはできない
  • 売却後には定期収入は入ってこない
  • サイト売上の2年分程度でしか売却できない

 

実際にサイトを購入してみた話

私がサイトの購入をしてみた経緯と感想です。

(注記)売買したサイトを特定できないように対象サイトや金額を少し変えてますが、取引の経緯はわかるようにしています。

 

サイトの購入時に使ったのはサイト売買で有名な「サイト売買Z

サイト売買Zで私の趣味に関連するサイトが売りに出ているのを見つけ、価格も60万円程度と適切かと思われる金額です。

(注記)事前にネット売買について調べたところ、10万円などの格安サイトはアクセスがなかったりペナルティを受けている可能性が高い。

該当のサイトの月の売上は2万円で2年分で計算すると48万円、交渉すれば50万円くらいで購入できるかと見込んで交渉の申し込みしました

申込後にサイトのURLや詳細を開示してもらうために「サイト売買Z」へ免許証のコピーを提示。身分証明書を必ず確認するところは安心できます。売り手が詐欺である可能性を減らせますから。

サイトの情報を開示してもらい、アナリティクスの月毎のデータ、アフィリエイトの売上も確認できました。

気になった点は、グーグルアップデートの影響を受けていること、そしてアフィリエイトの売上に季節性があり2万円の売上は一番良い時期のものであったこと。

ここから検討に入ります。

  • 買って問題ないか? →サイトの内容は私の趣味に合致していて運営していける
  • 購入額を取り戻すに何年かかるか? →50万円で購入すれば、最短で約4年で達成できる

この考えをもとに購入する方向に決めて50万円で打診しました。

4日後にサイト売買Zの担当者さん経由で売却者さんが合意したと連絡がきました。価格について簡単に値下げ交渉がまとまったので少し不安になりますが購入を決定します。

サイト売買Zさんが契約書を作ってくれ、オンラインで両者がサインして売買契約(譲渡契約)は完了。

50万円にサイト売買Zさんの仲介料5万円を加えて55万円、55万円に消費税10%を加えた60.5万円をサイト売買Zさんに送金。エスクローサービスを使うのでサイトの引き渡しが完了するまではお金はサイト売買Zさんが預かります。

エスクローサービスはサイトの売買では必須だと感じます。契約書で相手の住所氏名は分かっているとはいえ、実際にサイトが引き渡されなかったときにお金を取り返すのは困難そうなので。

売却者さんから、ワードプレスのIDとパスワード、ドメインの情報、グーグルアナリティクス、サーチコンソールの情報を貰います。

このあとのサイトの引っ越しがホントに大変でした。

サイト引っ越しが完了してから取引完了になりエスクローサービスに預けたお金が売却者さんに振り込まれることになっていて、不具合点があれば7日以内に報告しなければなりません。そのため、引っ越しには7日間の猶予しかありません。

Webサイト購入後の引っ越し

ワードプレスの引っ越し

まずワードプレスの引っ越しです。

サイト引っ越し専用の有料プラグイン「All-in-One WP Migration」を購入してトライしたのですが何度やっても写真が引っ越しできません。

原因は写真のファイル名が「日本語」であると突き止めて、「All-in-One WP Migration」のサポートデスクに英語で解決方法を問い合わせましたが、エンジニアに問題点は伝えたというだけで解決に繋がりません。FTPでの引っ越しや、WPに付属している引っ越し方法も試しましたがうまくいかず。

最終的に「UpDraftPlus」プラグインを使うことで完了できました。ホントにUpDraftPlusには無料なのに高性能で感謝です。

今後、もしサイトを購入するなら、上手く行かなかった原因は日本語のファイル名が原因でしたのでサイトに貼り付けてある写真のURLを確認すべきと心に命じました。

ドメイン情報の引っ越し

私の使っているドメイン会社は「ムームードメイン」、売却者さんのドメイン会社は「お名前どっとコム」です。

ムームードメインに引っ越ししたかったのですが手間が多いことがわかり諦め。

新しく「お名前ドットコム」でIDを作り売却者さんにパスワードを渡すことで移行できました。

お名前ドットコムはドメインの引っ越しには最適でした。

グーグルアナリティクスの引っ越し

アナリティクスの引っ越しは苦労しました。

アナリティクス閲覧の権限はグーグルのIDを持っていれば簡単にできるのですが管理者権限を渡すのが難しい。

今回は売却者さんが同じグーグルIDで販売するサイト以外にも複数のサイトをアナリティクスで管理していたので切り離す必要があったのです。

最終的には売却者さんが全部のアナリティクスの権限を私に譲ることで管理者権限の移行を完了できました。売却者さんの持っている他のサイトはアクセスが少なかったので救われました。

 

サーチコンソールの引っ越し

サーチコンソールの引っ越しはあっさりと完了。

管理者権限を私のグーグルIDに付与して頂き、売却者さんを管理者から外すだけで完了。アナリティクスの移行の大変さと比べると本当にあっさり。

 

しかし、これで終わったわけではなく・・・・

アドセンスの引っ越し

アドセンスの引っ越しはコードを変えることで完了です。
サイト内のアドセンスのコードをワードプレスのプラグイン「Search Regex」で検索して私のIDに置換していきます。

アフィリエイトの引っ越し

アフィリエイトの引っ越しはかなり大変。

特に「楽天」アフィリエイトは、コードを1広告ずつ全て書き換える必要があり気が遠くなります。楽天アフィリエイトに関しては今後の管理を鑑みて「Rinker」を導入しました。楽天アフィリの広告を一元管理できます。これで、もしこの購入したサイトを売却する際は購入者の方は自分の楽天アフィリのIDへ変更するだけで済みます。今回はRinkerのリンクに全て張り替えるのに一週間かかりました。

カエレバ、Amazonアフィリエイト、もしもアフィリエイトのリンクは「Search Regex」で検索して私のIDに置換して完了です。

 

サイトの売買を完了してから

サイトのアクセス数は変化なく開示して貰ったアナリティクスの通り、サーチコンソールの結果も同じくです。詐欺的に販売のために自演でアクセスを増やしてはいませんでした。

 

でも、困ったことも・・・

サイト購入後に困ったこと① 売上が伸びない

アドセンスとアフィリエイトの売上は1万円に達しません。

ある程度は予想していたので驚きませんが心配にはなります。このままの推移で行くと購入額を取り戻すには5年以上かかります。

確実に数年で利益にするにはサイトの強化が必要で、記事の内容も古くなるので継続的な更新とメンテナンスも行っていかないと駄目ですね。

 

サイト購入後に困ったこと② リンクエラーの修正

リンクエラーの修正に時間がかかります。

サイトの記事数は300以上ですが、売却主さんは「Broken Link Checker」を導入しておらず、導入するとエラーが毎日のように出てきました。YouTube、Instagram、写真引用元などです。

多くの時間をリンクエラーの修正に費やしましたが、数ヶ月経っても出てきます。リンクが多いサイトの為で、仕方がないのですが。

リンク修正は自分自身でリンクを作ったわけではないのでリンク切れを別のリンクに差し替える際に文を読み返して適切なリンクをインターネット上で探す必要があるため時間がかかります。

サイトの購入前にはエラーが表示されてわかりやすいYouTubeやInstagramをチェックしたほうがいいですね。

 

サイト売買におすすめの会社

サイトの売買さいとは乱立しています。おすすめの数社をご紹介します。

サイトキャッチャー

売却の登録がしやすい。

サイトキャッチャー

サイト売買Z

身分証明が確実で安心できる。
5万円の仲介料がかかるだけの価値がある。

ウェブサイトの売買・M&A【サイト売買Z】

サイトマ

仲介手数料が30万円以上かかかるが、仲介がしっかりしていて安心できる。

オンラインでの売却者、購入者、仲介者の三者での面談ができて安心。

【サイトマ】

おわりに

Webサイトの売買はこれから個人レベルでも活発になるでしょう。

なぜなら、

  • サイト売買のプラットフォームがたくさん出てきて売買しやすくなったから。
  • サイトを運営してきたがSEOが終焉に近づき別事業に移りたい方が増える。特にグーグルアップデートの影響を受けた人。
  • 副業が解禁されてWebサイトのビジネスを始めたい貯蓄はあるが時間がない人が増えた。

ただし注意も必要です、

  • サイト売買は不動産売買のようなルールがないので騙される可能性がある。
  • サイトのアクセスや売上は安定はしない。むしろ販売されるサイトは落ちるのが当たり前?

これからサイトの売買をしようと考えているあなたにこの記事が一助になれば嬉しく思います。

-1. ミニマノマド

© 2020 手ぶらでGo!