修理

マックブックのキーボードにビールをかけたら10万円の治療費

マックブックのキーボードにビールをかけたら10万円の治療費

飛行場でフライトを待ちながらMacbook Air(M1)を開いて缶ビールを飲みながら作業してたんです。

マックと缶ビールが置けるくらいの小さな可動式の丸テーブルで、テーブルの位置を少しずらそうとテーブルの裏を持つと、

ぎゃーー、ガムがーーーーー、

誰かがなすりつけたガムがくっついていたんです〜、

気持ちわるーーーー、と手を引っ込めた後に机がガタンと動きビールが倒れてマックのキーボードがビールまみれで泡吹いてます。

大急ぎでマックをくの字型に立てて排水、そして水浸しの机の上をティッシュで必死に拭き取り。

水を出し切ったのを確認して、再度作業に入りました。

※これが失敗の元、水がかかった時は、とにかく電源を切り完全に乾かさないとダメです!(理屈は理解しているのですが、突差の場面では忘れちゃってました)

で、空港で作業を終え、飛行機に乗り込み自宅へ戻りました。

マックのキーが反応しない、押しっぱなしになる

あれ、おかしい、「右Shift」キーが反応しない、「→」キーが押しっぱなしの状態になっちゃう。

(多分、右側を下にして排水したのでビールが溜まったのでしょう)

困った。

キートップを外して中を見ると綺麗な状態でビールの残りは見えません。

エアーダスターで掃除してみますが、だめ、全く復活しません。

とりあえず「→」が押しっぱなしでは使えないので、キーの位置を変更できるKarabina Elementsアプリで「→」キーを使えなくします。(Karabina Elementsを使っていて本当に助かったー、もし知らなければズーーーと「→」が押された状態でマックが使えないところでしたー。)

アップルの修理に持ち込む

自分で直すは不可能だと判断してアップルの修理の予約しました。

アップル公認のカメラ屋さんで事情を説明すると、

「これは基盤の交換ですね」とマックのキーに一つも触らずに言われました。

なんだそりゃ?キーが動いていないことも確認しないんだーとめちゃくちゃ不思議ですが、言い返しても見ようともしません。

で、見積もりをもらうと、

「10万えーーーーん」

このマックはSSDを1TB、メモリを16GBにして20万円以上したものですが、それにしても高ーーーーい!

店員さん曰く「10万円の見積もりを出して修理する人はいない」とのこと。

で、どうにかキーボードだけなんとかなりませんか?と相談しても良い反応はなし。

ただ一つだけ教えてくれたのは

「万が一、アップルの修理工場で中を開けてキーボードのみの被害の場合は4万円に下げた修理費がくる可能性もゼロではない」

ただ、可能性はほぼないとのことですし、10万円の確約をしないと修理に出すこともできません。

そして何故、動作の確認もしないのですか?と聞くと

「キーボードにドリンクがかかった場合はキーボードだけでなく他のメインボードまでダメになっている可能性もあり確認する意味がないからです。水かけと申告があった場合は常に同じ対応で、動作確認せずにアップルの修理工場に送ります」とのことでした。

納得はできませんが、アップルのサポートは完全にマニュアル通りにやることを求められていると感じるので、これ以上は無理だと諦めました。

ちなみに、メルカリで同スペックを探すと15万円くらいで買えそうです。

https://jp.mercari.com/search?keyword=macbook%20air%2016gb%20m1&gclid=CjwKCAjwp7eUBhBeEiwAZbHwkZ6F34iC62mYt0gH1RX78I0_6eSk3Cg1EujnEUnFV37iOntBmsv0GBoCwO8QAvD_BwE

マックはこれからどう使う?

さて、これからどうするか?

  1. 10万円かけて修理する
  2. キーボードだけ購入して交換する
  3. 外付けキーボードで使う
  4. 使えないキーがある状態で使う

(1)の10万円かけての修理は高すぎるので無し

(2)のキーボードの交換は「A2337 japanese keyboad」 で検索すると楽天で1件だけあって13,000円くらい(A2337は保有しているMacbook Airの型式)。

でも、交換の動画を見るとぎっしりと詰まったマックの分解は難しそうで、過去に中がスカスカのWindowsのノートを分解した経験では対応できるかちょっと不安に感じます。

(3)の外付けキーボードは、前からHHK(Happy Hacking Keyboard )を使いたいと思っていたのですがモノが増えるのが嫌で手に入れていなかったので良いきっかけかもです。

ただ、トラックパッドが手元に来ないのがちょっと使いにくそうなのと、車の中での車中ワーク作業には無理。

なので(4)のこのまま使う、が今は一番現実的な使い方との結論です。ビールまみれになったので次に何かが壊れる可能性もあるので買い替えも視野に入れる必要もありますしね。

今も新たに「r」キーと「u」キーを流れるようなスピードで「る」と打つとなぜか「→」キーが押された状態になる謎動作も出てきてます。(多分、Karabina Elements が一時的に機能しなくなっている)

とりあえずは、このまま使い続けるしかないですね。お金をかけて修理するかを決めるのは先延ばしにします。

おわりに

今回の事故で学んだことは、水がかかった時の予行演習をしておかないと突差に思い出せないこと、キーボードは意外に水に弱いこと、アップルの修理依頼するときに水がかかったと言うと工場送りでボード全交換の見積もりになる、などですねー。

でも、良かったこともありました。キーの位置を入れ替えるKarabina-Elementsを使っていたおかげでマックを使うことはでき、そしてクラウドにデータを完全に同期しているのでデータを失うという焦りが全くなかったのです。お金はかかっちゃいますが突然壊れても買い換えればすぐに作業には復帰できることを今一度確認できましたね。

最後に言いたいことは、Macbook AIrはアルミの穴のない筐体でなんとなく防水っぽく見えますが普通の水に弱いパソコンでしたw

-修理
-, ,