修理

修理に対応する任意保険 損保ジャパン「故障運搬時車両損害特約」のデメリットでやめた!

修理に対応する任意保険 損保ジャパン「故障運搬時車両損害特約」のデメリットでやめた!

https://nakashin.net

こんにちは、修理好きで、古めの軽が好きな、しんじです。

昨今は、車に安全装置の運転補助が装備され、小さな電子の不具合でもモジュール全部交換で数十万円の部品交換につながり、故障した際の修理費がより高額です。

これまでのようにだましながら車を使うのがより困難な時代です。

今回、初めて修理代が高くなりそうなアイドリングストップ付きの車を購入したのをキッカケに、修理費用の補償が付帯する保険に入ろうとしました。

この記事執筆時点、2023年現在は2社が修理の保険を提供しています。

  1. 損保ジャパン故障運搬時車両損害特約、上限100万円
  2. 東京海上日動故障補償特約、上限10万円

電子系の修理費は100万円はないと不十分なので、損保ジャパンの申込みにチャレンジ。

結果は、オンラインの仮見積もりして、チャット問い合わせして、見送りました。

損保ジャパンの「故障運搬時車両損害特約」のデメリットで見送り

保険料金がネット保険の1.5倍、保険の代理店申し込みのみ、という私にとっての2つのデメリットが加入を見合わせた理由です。

私の車の場合は保険料金が車両保険込でネット保険で5.5万円くらいが9万円台にアップ。

料金アップの原因は、故障の特約は月に1500円程度と割安なのですが、そもそもの基本の保険料が昔ながらの人が対応する契約なので割高です。

加えて、日中の時間を使って保険代理店の窓口に行くのは大変過ぎで、修理費の補償の魅力が勝ちませんでした。

 

今回調べた損保ジャパンの「故障運搬時車両損害特約」について私が気になった点をまとめたので、加入を模索しているなら引き続き読んでください。

損保ジャパン 故障運搬時車両損害特約」を要約すると

・車両保険の特約で、修理費を最大100万か車両保険の上限まで補償する。
法定12ヶ月点検を実施していること。
・故障時に損保ジャパンに連絡し、法令上運転不可能と判断されレッカー移動される。

法令上運転不可能とはなんだろ?

法令上の運転不可能とは、例えば、エンジンが壊れた、警告灯が点灯して動かない、ドアミラーが開かない、ヘッドライトがつかない、など公道を走れない車のこと。

ここで重要な点は、法令上問題なく走行できる場合は補償されないこと。

  • 暑い日にエアコンが効かない
  • 寒い日にヒーターが効かない
  • ナビが動かなくて迷子状態
  • 窓が開かない

などの快適装備や補助機能は除外です。

当然ですが、オイルやバッテリー等の消耗品は補償されません。これはディーラーの新車保証と同じですね。

ちょっと疑問は

  • ABSが効かない
  • パワステが動かない
  • ギアの1速だけ使えない
  • 追突防止機能がエラー状態

等は法令上の車としての移動は問題なくできますが、無い状態を知らないなら危険かも? これが補償対象になるのか?

ちょっと分かりません。

12ヶ月点検は古い車はしていない?

法定12ヶ月点検は見落としがちです。車検もユーザー車検代行で点検していなければ同じくダメです。

ただし12ヶ月点検は車屋さんでなく自分でもできる点検なので、点検して記録を残せば実施となります。

国土交通省のWebページをからPDFをダウンロードして12ヶ月点検項目を確認し、車に備え付けの定期点検記録簿に記入すればOKです。

軽い違法改造に注意

当然ですが、違法改造車には適用されません。既に法令上の走行が出来ないダメな車です。

  • 少しだけはみ出しタイヤ
  • 色を変えたおしゃれライト
  • 構造変更していないリフトアップ

などの軽い違法改造をしている場合は要注意! 故障してから急いで交換という訳にはいきません。

 

損保ジャパンで見積もりして比較した

購入した10年落ちのスズキのスペーシア、損保ジャパンのオンライン事前見積りしてみました。

見積もりの条件は以下です。

  • スズキ スペーシア 平成25年式
  • 車両保険は一般で30万円(免責ゼロ)
  • 「故障運搬時車両損害特約」に加入

この年間保険料が損保ジャパンで93,270円
ここからの変更で価格を観察します。

見積もり額は以下の写真です、興味あれば拡大してください。

 

では、比較します。

故障運搬時車両損害特約を外すと76,130円
差額の17,140円が特約の価格なので、月に約1,500円は意外にリーズナブル。

30万の故障の心配を月に1500円で解消できます。

 

次に車両保険を20万円に下げると87,960円(差額 マイナス 5310円
40万円にすると 98,580円(差額 プラス 5310円

車両保険は補償額に比例して明確に変化しますね。

 

免責を事故1回目が0円、2回目を10万円に変更すると、92,550円(差額 マイナス 720円
1度目が5万円、2度目を10万にすると85,390円(差額 マイナス 7,880円

免責額を上げると安くなるので、故障保険は免責は無いため事故時に免責額が高くても良いなら保険料を安くできます。

 

ただし、同様の条件でネット申し込みの保険だと5〜6万円程度なので、色々と調整しても損保ジャパンの保険料金はネットの1.5倍のイメージです。

 

私の「故障運搬時車両損害特約」の気になる疑問

個人的に気になる質問を調べてまとめました。

故障を修理せずに買い替えてもいいの?

修理しなくても保険金は支払われます。

車の買い替えに使えに使う、電車の定期購入に使う、自由です。

とりあえず損保ジャパンに加入して後で追加できる?

追加はできません。

新規の保険加入時、更新手続き、車両の乗り換え、の際に加入できます。

車両保険のように免責額はあるの?

免責額は無し。

事故との時とは異なり、負担になる免責額はありません。

古い車でも加入できるの?

古い車も加入できます。

保険に加入できるのは新車から5年超えの車です。ただし、現車の確認が必要

損保ジャパンのWebチャットで、「10年超えですが加入できますか?」と問い合わせたところ、代理店次第との回答でした。

車両保険に加入できるかと合わせて現車を見て判断されます。

“車両保険については、年式が古いお車の場合市場価格の確認が難しく、現車確認をする場合があるため代理店にて車両保険金額の設定をさせていただいております。

故障運搬時車両修理特約については、年式が古いお車に限らずディーラーサービスと重複する可能性がございますので、特約の詳しいご説明と合わせて代理店にて対応させていただいております。“

引用: 損保ジャパン Webチャット

まとめ

損保ジャパンの「故障運搬時車両損害特約」をまとめると

  1. 法律で定められた自走できない状態の修理を補償
  2. 損保ジャパンのロードアシスタンスへ電話して、レッカーと判断されたら補償
  3. 補償は100万円か車両保険の上限まで

 

加入時に知っておくべき重要点は

  1. 快適装備、運転補助装備には適用されない
  2. 12ヶ月点検を受けていなければ補償されない
  3. 損保ジャパンの基本保険料はネット保険より割高

 

詳しくは必ず損保ジャパンの説明をご自身で読み、代理店で納得するまで質問してください。保険は自己責任です。

 

結局、スペーシアの保険はどうしたの?

さて、私のスペーシアは、最後にはいつものネット申し込みの保険に落ち着きました(今回はアクサダイレクト)。

私が良いと感じたので宣伝しますが、ネットの保険は一括見積もりをすれば、条件の入力1回だけで、ほぼ同条件で横並びに比較できるので便利です。

損保ジャパン、東京海上日動、ソニー損保、アクサダイレクト、も含まれています。

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

少し面倒なのは、見積もりの後に不要なセールスメールが来たら解除する作業ですが、ネット保険の見積もりだけあり電話セールスは来ないので面倒ではありません。

 

(おまけ)損保ジャパンは翌日の午後4時から有効になる

初めて損保ジャパンの見積もりをした中で気がついたのですが、保険適用開始が夕方の4時からなのです

これまで、ソニー損保とアクサダイレクトで加入した際は0時からだったので驚きました。

もし、損保ジャパンで保険適用日の午後の4時前に事故を起こすと、任意保険が効かなく全部自己負担です。

これは、対面型の申込みで確実に加入者に伝達できるからできる設定ですね。

引用 損保ジャパン

・補償内容は午後4時から有効となります。午後4時以外の時間で補償を開始したい場合は取扱代理店までご連絡ください。

 

引用 ソニー損保

新規にご契約いただく場合には、早くとも申込日の翌日午前0時から補償が始まります。
申込手続が完了しても、翌日の午前0時までは補償されませんのでご注意ください。

 

この記事はここまでです!

-修理
-, , , ,