ポインター革命です!プレゼン力をアップするSPOTLIGHT(Logicool)のおすすめ。

プレゼン用のポインター革命!

SPOTLIGHT™はポインターを当てた部分以外をブラックアウトさせるポインティングツール!

初めてSPOTLIGHTを使ったプレゼンを観たときの衝撃は今も忘れられません。レーザーポインタでは表せない革命的なポインティングツールだと直ぐに欲しくなりました。

プレゼン練習仲間から商品名”SPOTLIGHT”を教えてもらい直ぐに購入しました!

今回はプレゼンの時に革命的に聴衆の注目を引き寄せることのできるツールSPOTLIGHTをおすすめします。

SPOTLIGHの基本情報

ポインティングツールです。

注目させたい部分以外をブラックアウトさせて、注目させたい部分だけを見せることができます。

◆名称:SPOTLIGHT
◆表示機能:①ハイライトモード、②ポインタモード、③拡大モード
◆プレゼン機能:スライド送り、タイマー
◆接続方法:Bluetooth、専用レシーバー
◆アプリインストール:必要

◆価格:税込1万円程度(2018年3月現在)
◆購入:アマゾン、電気店、アップルショップ等

 

SPOTLIGHTの動作

SPOTLIGHTは注目させる部分以外をブラックアウトさせることでスポットライトを当てたような見え方を作ります。

この動画を見るとプレゼン時の見え方がわかりますね♫(22秒あたり)
大きな画面で部屋が暗く無くても重要なポイントを指し示しやすくなっていることがわかりますね。

 

SPOTLIGHTの機能

SPOTLIGHTには3つのポインタ表示方法があります。
最大の特徴のHighligt(スポットライト)モードが一番良いですが、スポットライトした部分を拡大してみせるMagnifyモードや、小さなサークルでレーザーポインタのように指し示すCircleモードもあります。

SPOTLIGHTの3つの凄いところ

①重要な点をしっかりと印象に残せるところが凄い

ブラックアウトする画面は本当にスクリーンにスポットライトを当てたかのように見えます。

ポインターで指し示すと他の部分も気になりますが、SPOTLIGHTを使うと他の部分は読めなくなるので聴衆の視線を重要な見せたい点に集中させることができます。これは、プレゼンでスクリーンを使って説明するときには絶大な効果があります。

 

②テレビ画面でのプレゼンでも使用ができるところが凄い

最近は大型のテレビを使用して説明することもあります。その際はマウスのポインターで見て欲しい場所を指し示します。しかしながら小さくて見えにくいことと、パソコンの前で操作することになることが欠点としてありました。

Spotlightを使用すると大型テレビを使ってののプレゼン時もポインターのように使用できます。これは大きなメリットです。

 

③充電時間が1分程度と短いのが凄い

SPOTLIGHTはたったの1分で充電できます!

レーザーポインタでよくあるプレゼン開始前に充電されていない(焦)、プレゼン中に電池が切れた(泣)!というトラブルとは皆無です。

USB-Cケーブルさえあればパソコンに繋いで1分で充電完了します。急速充電アダプタが必要なわけではありません。

 

SPOTLIGHTを使った感想

とにかく初めて見た人が驚いてくれました。

どうなっているの??と不思議に感じているのがわかります。
これだけで画面への注意を向けることができますのでプレゼンの効果が高まります。

やはり、プレゼンはどれだけ顔を上げて見てもらえるかは重要ポイントです。
その一助としてSPOTLITGHTは大活躍してくれます。

 

 

SPOTLIGHTの構造はどうなっているの?

SPOTLIGHTをプレゼンに使うと「構造はどうなっているの?」と質問を必ず受けます。

構造はジャイロスコープ(角度や角速度を検出して回転や位置を検出するセンサ)が組み込まれています。ボタンを押した位置を最初に中心として判断し、その位置から上下左右に動かすことでポインティングの位置をずらしています。

ひとことで言うと「ジャイロで動作」しているということです。

 

 

SPOTLIGHTのデメリット

・収納ケースにUSB-C充電ケーブルが収まらない

SPOTLIGHTはまだまだ普及の進んでいないUSBCなので充電ケーブルで充電します。

しかし充電ケーブルをケースに収納できません。

将来はUSB-CがmicroUSBのように色々な機器で使用するためにどこでも見つかる状態になることを想定しているのでしょう。しかし現状はSpotlightだけのためにUSB-C充電ケーブルを持ち歩く必要があります。
ちなみに、最近のMacBookを持っているのならUSB-Cの充電はMacBookと同じケーブルなので充電ケーブル不要です。アップルストア版があることからMacBookで使用することを前提にしているのかもしれません。

 

SPOTLIGHTの評判は?

アマゾンの口コミから引用しました。

プレゼン用のレーザーポインターをさがしていたらこれがヒット。優れものです。特に充電し忘れの時でも1分間の充電で十分な時間がプレゼン可能でした。そして、新しい表示方式に視聴者もビックリしていました。

取説が付いていないので、誤解をした使い方をしていましたが、その点に気づいて解消しました。
このように使う時は、こう設定しした方が便利だという簡単な、事例を記載した物があると良いです。

私も説明書をざっとだけ読んでスポットライト機能だけ使用していたのですが、実はポインタのような機能(Circle)もあることに他の人がSpotlightでプレゼンしているのを見て気がつきました。

 

プレゼンのパーアワーでのコストパフォーマンスを格段に改善できます。
従来、スライドの簡素化&言葉で実施していた
遠隔地で聴講しているメンバーの視点誘導が視覚ででき、言葉によるフォロー時間を激減できます。
期待したブライトニング機能や拡大機能以上に通常のポインター機能が抜群の威力。
オンラインプレゼンでも遠くの人に重要点を指し示すことができます。
これまではプレゼンをオンラインで見ている人にはどこを指し示しているかマウスで説明するしかありませんでした。遠隔地の人にも使えることは大きなメリットですね。マウスでは小さすぎたので。

SPOTLIGHTはどこで買えるの?

普通に電気店やアマゾンなどで購入できます。

 

アップルストアでも買えます
銀座のアップルストアの2Fのマック用アクセサリー売り場に並んでいました。
アップル専用色のシルバーを購入することができます。

 

まとめ

SPOTLIGHTは革命的なポインターです。

ぜひ、次回のプレゼンの機会に使ってください。

あなたのプレゼンを観た相手がプレゼンの内容を理解する確率が上がりますよ!

 

 

シェア頂けるとハッピー度がUPします!