目が見えにくい日?スマホ疲れで目がぼやけるを軽減する方法!

目が見えにくい?と感じたら試してください!

スマホを長時間集中して触っていると急に近くが見えにくいという事ありますよね。最近は30代でも老眼のように近くが見えにくい人が増えています。これはスマホが原因と言われています。スマホは距離の変わらない位置を見続けるからです。

しかながら目が疲れるからとスマホを止める訳にも行かないし・・・と諦めていませんか?

今日はスマホの見過ぎで目が見えにくいと感じている時に役立つ目のストレッチ方法を紹介します。

私はこの方法を使い始めてから目が随分楽になりました。

以外な道具で解決しますよ~

 

近くを見ることが疲れる理由

近くをじっと見続けることで目の筋肉が固まってきます。目のレンズの厚みを変える機能をする毛様体筋が凝り固まることで目がよく見えなくなるのです。

スマホの場合はとても近い同じ距離でずっと視点を合わせることになるので毛様体筋が伸び縮みせずに固まってしまうのです。

毛様体筋の動きはこんな感じです。

 

太陽笑顔fufufuから引用→リンク

 

毛様体筋のコリを取る方法

毛様体筋が固くなっているのでほぐしてあげれば良いのです。遠くを見たり近くを見たりする原始的なすたいるも効果有ります。

しかし今日は今回は老眼鏡を使います。老眼鏡を読むためではなくぼんやりと見るために使うのです。

方法は?

 

「老眼鏡をかけて数メータ先を5分間ぼんやり見つめる。」

 

老眼鏡は普通は本や新聞など近くを見るために使います。老眼鏡と呼ぶくらいなので40代以上になってから近くが見えにくくなった時に使う道具です。

老眼鏡で数メータ先を見てみみると全てがぼんやりとします。絵やポスターを見ても何が書いてあるのかはわからずぼんやりします。

このぼんやりと見るということが毛様体筋のこりをほぐしてくれるのです。

老眼鏡をかけてぼんやりした景色を見ていると毛様体筋がリラックスしてコリが取れていくことを感じれます。5分後にスマホをもう一度見てください。すっきりとした見やすさにびっくりしますよ!

 

老眼鏡は何処で手に入れる?高い?

老眼鏡は100円えるもので十分。100円均一ショップで普通に売っています。

度数は1.0~3.0くら今で数種類が有り。今回の目の疲れを取る目的に使用するには2.0程度の度数のものがおすすめです。(写真は1.5のもの)

 

近視眼鏡をかけている場合はダブルで!

眼鏡をすでにかけているよという場合の使い方です。

近視の眼鏡の上からかけてください。

ぼんやりとした状況を老眼鏡(遠視眼鏡)で作り出すことが目的なので、眼鏡を外せば良いのでは?とも考えてしまいますが、近くが見える目をぼんやりさせることで効果がでるのでダブルがけでお願いします。

 

おわりに

老眼鏡でスマホで疲れた目を休めるという話でした。費用は激安で、且つ強制的に数分はボンヤリできるという特典付き。

私はこの方法を使い始めてから目が随分楽になりました。加えて、スマホを見るときになるべく遠くで見て毛様体筋のコリを減らすようにしようとの意識も働くようになり、目が見えにくい状況を減らすことができました。

あなたも一度試してみてくださいね~♪