【やってみた】普通車の名義変更をワンストップサービスで。時短になった?

個人売買で普通車を買ったときの名義変更はワンストップサービスで時間節約!

と思って、ワンストップサービスを”個人”で使ってみました。

個人売買で自動車を購入しました。
車庫証明を警察でとって、印鑑証明を市役所でとって、
書類に手数料に・・・何が必要なんだろう??とネットで調べてました。

すると、今はワンストップサービスでネットから名義変更、
正式には移転登録ができるよう。

実際に”個人”でやってみたメリット&デメリットをご紹介します。

結論は、”個人”には特にメリットなし。
業者さんには多大なるメリットが有り。

名義変更のできるワンストップサービス

名称:自動車保有関係手続きのワンストップサービス

機能:インターネットサイトからまとめて申請

準備する必要なもの:

Windowsパソコン(インターネットエキスプローラー11が必要)
*Macではできない!

マイナンバーカード
*絶対に必要

マイナンバーカード読み取り機(ICカード読み取り機)
*確定申告をネットでしていなければ普通は持っていない
私のように個人事業を確定申告するなら持っている。

ワンストップサービスで出来ること:

新車登録、移転登録、抹消登録などの車検証に関わる普通車の登録申請。

名義変更のワンストップサービスと通常申請の比較

準備する紙の書類を比較

 通常ワンストップ補足
印鑑証明必要不要マイナンバーカードをICリーダーで読取
車庫証明必要

役所の訪問を比較

 通常ワンストップ補足 
【警察署】で車庫証明2回0回
【市役所】で印鑑証明1回1回コンビニでも取得可
【陸運局】1回2回ワンストップは申請と受け取りが別の日。

【メリット】名義変更をワンストップサービスでする

*販売者(譲渡者)からは紙の書類をもらった前提で、購入者がワンストップサービスで申請する場合。

・警察に車庫証明を取りに行かなくて良い

・役所に印鑑証明を取りに行かなくて良い

この2点がメリットです。

【デメリット】名義変更をワンストップサービスでする

*販売者(譲渡者)からは紙の書類をもらった前提で、
購入者がワンストップサービスで申請する場合。

・陸運局に販売者(譲渡者)からの紙の書類を電子申請後に届けに行く必要あり。
紙の書類を届けないと役所の作業を進めてもらえません。

譲渡車がワンストップサービスを利用しなければ陸運局に
申請時に結局は行かなければならない。

今後は変わるかもしれませんが、
現状では、個人売買で電子申請をする販売者はまずいないでしょう。

ワンストップサービスをまとめると

個人で名義変更をワンストップサービスで行うには
陸運局が距離が近ければ時間が節約でき利用する価値あり!

陸運局が遠いなら、陸運局に結局は2回行くことになるので
ワンストップを使うとかえって時間がかかります。
警察署は各市町村にあるので車庫証明を警察で取得すると
時間的には短くなるから。

ワンストップサービスは個人に向けても発展して欲しい。
しかし、ユーザー車検と同じく日本ではこれからも
車検は既得権益のある人たちが続けるのでしょう。

飲み会にはカバンを持たずに「手ぶら」で行くと快適!