ミニマリスト

出張時に夜に手洗いした靴下を次の日に使うには?

出張時に夜に手洗いした靴下を次の日に使うには?

出張時にできるだけ荷物を減らしたくないですか?特に服は量がかさばるので減らしたい。

服を多く持っていく理由は、出張中は洗濯ができないので日数分を持っていく事が一つの理由です。ホテルのランドリーサービスは役に立ちますが、連泊でないと使いにくい仕組みです。

ならば、どうすれば良いのか?

答えは、夜にホテルに戻ってから服を洗濯して次の朝に使えるようにしておくことです。次の朝に服が使えるなら極端に言うと着替えが不要になります(夜はホテルの寝巻きを使う前提なら)。

今回はいちばん乾きにくい靴下に焦点を当てて、出張時に夜にホテルで洗濯して次の日の朝に使う方法を考えていきます!

靴下にランドリーサービスを使う

ホテルのランドリーサービスは靴下もお願いできます。下着類も頼めることに最初は気が付きませんでしたが、意外になんでも頼めます。

ただし、お値段の方は靴下でも数百円とお高いので出張旅費で処理できる場合に活用出来る手段ですね。

靴下をコインランドリーで洗濯

ビジネスホテルやリゾート系ホテルにはコインランドリーがよくあります。シャツも含めて全てを洗濯してしまうにはもってこいです。ただし以下のような気になる点もあります。

  • コインランドリーを他の人が使っていて埋まっている
  • コインランドリーの場所まで部屋着で行くことがはばかられる

コインランドリーは費用対効果が高いので、時間があり、替えの服を持っている時に有効ですね。

ちなみに、カプセル系のホテルはコインランドリーまで確実に部屋着で行けます。(そもそもが会社帰りで帰宅出来なくなった人をユーザーとして狙っているからです)。

靴下を部屋で手洗いする

最後にご紹介するのが「部屋で手洗い」です。靴下はかさが小さいのでホテルの洗面所てわ簡単に手洗いできます。洗剤代わりに、ハンドソープかボディソープを使えば、しっかりと汗の匂いも取れます。

靴下を手洗いした場合に問題となるのは、乾きにくいということ。靴下は繊維がギッシリと詰まっていますし、履いた時に伸びるようにできていて、靴下単体だと乾きにくいのです。

特に湿度が高い場所では夜に手洗いして朝に乾くことは無いでしょう。なので、朝までに乾かすにはいくつかの方法があります。

  1. 朝起きてから乾いていなければドライヤーで乾かす。
  2. 乾かす前に、タオルに包んで絞る。
  3. 絞った後にドライヤーである程度乾かす。

普通は⑴の朝起きてから必要ならドライヤーの対応で十分です。しかし、湿度が高い場合や、気温が低い時、そして朝が早い時には追加で⑵と⑶を行い夜の段階で乾きやすくする対処をしておけば朝になり焦ることはありません。

おわりに

今回は、出張の時に荷物をできるだけ減らすためには服を減らす。服を減らすためには洗濯の方法を考えることが大事で、ホテルのランドリーサービス、コインランドリー、手洗いの方法を事前に考えておくことを、とても乾きにくい「靴下」を例にしておすすめしました。

他の の衣類も同様に洗濯方法を考えることができます。スーツなら朝まで仕上げのランドリーサービスがあるホテルに宿泊先すれば良いですし、作業服ならコインランドリーが最適など、必要な服装によって出張前に対応を考えておくことが大事です。

洗濯の方法を考えておけば服は最低限で済むようになり、加えて何日間の出張でも持ちモノの量が変わらなくなる特典も付いてきますよ。