ノマドワーカー

自動車用のモバイルインバーターは定期交換が必要?故障したときの症状と交換の判断は?

こんにちは、

ノマドワークで自動車用のモバイルインバーターって使っていますか?

インバーターとはアクセサリーソケットに差し込んで100V電源に変換してくれる機器です。スマホの充電だけならUSB取り出し口が付いているレンタカーも増えてきてインバーターは必要ないのですが、パソコンを充電するとなると100V電源が必要なんです。

ミニマリスト&ノマドワーカーとしてこれまでレンタカー内で何度も仕事するためにモバイルインバーターを使ってきたのですが、意外に寿命が短いことに気がついたのです。

今回はモバイルインバータが、どれくらいの期間使えたのかと、故障するとどんな症状が現れるのかを紹介します。

モバイルインバータとは?

モバイルインバータはアクセサリーソケットの直流12Vを家庭電源の100Vに変換する機器で、インバータの言葉の意味は「直流を交流に変換する」

自動車用アクセサリのインバーターは、自動車内で家庭用の100V電源をとれる便利なもので、容量によって小さな10W(ワット)程度から大きな1500W程度まで様々です。

スマホや容量の小さい電子機器を充電するなら小さなサイズ、キャンプなどで湯沸かしなど大きなワット数を要求する機器を使うなら大きなサイズが必要です。

私がパソコン(Macbook Pro、Macbook Air、HP Windows)に使用してきたモバイルインバータはCellstar FTU-50B。

セルスター(CELLSTAR)
¥2,220 (2021/03/08 11:22:26時点 Amazon調べ-詳細)

このインバータは定格出力で40Wまで出力してくれるので小型のノートトップパソコンの充電には十分な容量で、USB取り出し口も別途ついているのでスマホとパソコンをレンタカー運転時に同時に充電できて便利で、国内だけでなく海外出張でも役立ってくれました。

ちなみに充電器の容量は、Macbook Proは60W、Macbook Airは30W、HPパソコンは 50W程度のスペックです。

モバイルインバータはどれくらいの期間使える?

セルスターFTU-50Bを2台

モバイルインバータは1年程度を使えれば費用対効果で納得できます。

これまで3台の同じFTU-50Bモデルの経験は、

  1. 最初に購入した1台は、月に1週間程度の使用で1年半で充電しなくなる現象がが発生し最後は充電しなくなる。
  2. 友人が業務で数ヶ月に1度程度のの不定期使用していたものは、2年程度で故障、久しぶりに使うと突然充電しなかった。
  3. 私が代替としてメルカリで購入した、古い在庫処理販売品で保証期限切れのものは1日の使用で充電不可能に。

この3件の例から使用していても保管していても、1年もすれば突然壊れることもあるのがモバイルインバータだと判断しました。

自動車側のアクセサリーソケットの電圧が11〜13Vでオルタネータでつくられた擬似的な直流で不安定ですし、モバイルインバータはその電流を更に交流に変換するので負荷は大きいと考えられます。

また、モバイルインバータ内の電子回路は使用していなくても経年劣化することが想像されます。

高級な精密機器も使用できる高額なインバータであれば耐久性は期待できるかも知れませんが、3,000円以下の簡易的なインバータなら1年持てば費用対効果で納得しようというのが私の結論です。

また、保証期限切れをメルカリなどで購入する時には、販売者に開封していただいて動作確認してから購入を決めたほうが良いことも学びました。

 

モバイルインバータが故障したときの症状は?

モバイルインバータFTU-50Bが故障したときの現象は

  • インバータが過剰に熱くなる
  • 充電のオンオフが頻繁に起こる

壊れたときの現象として、インバータ本体が触ってられないくらい熱くなるのが最初の現象で、その後に充電のオンオフ切り替わりが勝手に起こり安定して充電できなくなりました。充電はするのですが何秒かすると止まり、再度充電が始まり、また止まるを繰り返すのです。

インバータ内部には過充電防止機能がついていて、変換コイルが過剰に加熱した場合にはインバータの機能をストップするのですが、たぶんこの自動保護機能が正常に動かなくなるのだと思います。

この現象が出てから、冷やしてから再度試したり、充電を要求する容量の少ないスマホだけにしてみるなど、いろいろと試してみましたが復活することは有りませんでした。(復活することを期待して10回以上は試しましたが・・・)

 

故障したときの現象は以下のようなものです。

  • インバータFTU-50Bの青色LEDが微妙に点滅する、完全な点灯ではなくたまに明るさが弱まる
  • パソコンで充電のONとOFFが繰り返される

動画で撮影したものをご参考にどうぞ。この動画で青色LEDが高速で点滅するのはビデオでLEDを撮ったからであり人の目で見るとLEDは点灯しています。

おわりに

モバイルインバータは意外に寿命が短いなあと感じ、状況を記事にしました。

しかしながら、今回紹介したような小型インバータはレンタカーを使うミニマリストノマド活動には小さくて最適なので手放せません。
大きなインバータならより安定して寿命が長いのかもしれませんが、バックパックだけで出張に行くには重いし大きいし、使いにくすぎるのです。

3台の同じモバイルインバータFTU-50Bの故障した件を紹介しましたが、特にこのモデルが寿命が短いという批判をしたいのではなく、モバイルインバータは一年程度で壊れても十分にもとはとれるというお話をおすすめしたいのが主旨です。

(追伸)次のモバイルインバータは50Bのひとつ上のモデルFTU-70Bを懲りずにメルカリで購入してみました。もし故障したらこの記事に追記しますね。写真の左がFTB-70Bで、50Bと比較すると容積で倍くらいありそうなのでミニマリスト的には大きすぎるのですが。

モバイルインバータ FTU-50BとFTU-70Bのサイズの違い