遺言書を見つけやすい場所に置く

 

ひとり暮らしの遺言書

見つかりやすい場所に置いてある

アパートの収納を空けると直ぐに目につく場所に「本人の意識がない状態なら開けてください」と書いたクリアケースを置いている。中身は現金数万円、そして意識がない状態やなくなった場合の処理を頼める人の連絡先と遺言が書いたメモである。

 

いつ何が有るかは分からない

今、アパートで一人暮らしをしている。中年として一人暮らしをしていると、ある朝に突然死んでいる可能性が有ることに気がついた。同年代の知人は自宅で心筋梗塞で3日後に見つけられた。会社に出社してこないので心配されて会社の方が発見した。

 

最後の後片付けもミニマムにしたい

いつ、何が起こるかはわからない。だから、何かが起こった時にできるだけスッキリと処理してもらうことをミニマリスト的に考えた。その内容をメモに書いてある。

 

延命について

延命措置で植物人間状態で医療費と周りの人の苦労を使うのも好まない。使える臓器が有るのであれば、使える人に直ぐに使ってほしい。

 

葬式について

葬式も必要ないし、お墓も仏壇も物であるので欲しくない。火葬は必要なのでお願いするが、遺灰は引き取って貰う必要はない、または川か海に流してほしい。資産になるような荷物は無いので処分してくれたらいい。

 

 

まとめ

もし、ひとりで意識がなくなった時の対応を書いておくことで、気分的にとてもスッキリします。遺言と大げさに考える必要はなくメモを残すと考えれば良いと思います。

 

 

 

 

シェア頂けるとハッピー度がUPします!