ワイキキまでローカルバスに乗ってみた。意外に快適、トランクは持ち込めない。

アロウハ!

ハワイのホノルル空港から路線バスでワイキキまで行った話。

カバンひとつのミニマノマドとして、
絶対に試さなければならない、空港からローカバスでワイキキまで移動する!

ワイキキまで空港から移動する方法は色々

乗り合いシャトルバス

日本から予約可能。
日本語の対応もしてくれる。
日本人にはいちばん便利。
約25ドル
ホテルによるが40分ぐらい

 

タクシー TheCAB

固定料金もあり。
約40ドル
30分程度

 

シェアリングサービス

UBER、Lyft
アプリで行き先を指定でき、支払いもチップも含めてアプリ内で完結する。
タクシーを使うくらいならシェアリングサービスがおすすめ。
約35ドル
30分程度に加えてアプリで呼んでから到着までの時間。

 

路線バス TheBUS

空港から市内まで約1時間。
普通の道路を走るバス。
空港専用の特急は無い。
1時間、2.75ドル

路線バスの乗車は2階の出発階

ホノルル空港の到着口はツアー客用の出口と一般客用の出口が別れているので一般客用の出口を出ます。

到着口を外にでるとレンタカー、タクシーの案内看板はありますが、路線バスの案内がありません。出口付近をぐるぐる歩き回りますがバス乗り場もなく、THE BUS の表示も見つかりません。
トラベラーエイドの小さな看板を見つけ、多分インフォメーションと想像してバス停を探してると聞いてみます。

city bus?

と聞かれて

yes,

と答えます。

バス乗り場について親切に教えてくれます。

乗り場は2階だからエレベーターに乗って、左に出て、道路にバス停があるよ。19番か20番がワイキキ行き。値段が2.75ドルで、イグザクトが必要だよとの追加説明まで。

私が、現金は5ドル札しか持ってないよと残念そうに言うと、

両替してあげるよ、
と個人の財布を出して1ドル札5枚と交換してくれました。

なんて平和な人なんだろうと、感謝感謝。

お礼を言って、
エレベーターを使い2階へ、
搭乗階の道路にバス停が見つかりました。

待っている2人は、いかにも空港で働いてる?地元の人という感じです。大きなバックパックを持ってます。スーツケースはダメとネットでは読んでいたのですが、キャリーサイズくらいなら問題なさそう。

時刻表を見るとワイキキ行きは1時間に三本程度あるよう。
10分も待たずに19番のバスが来ました。

案内所でワイキキ行きと反対方向行きがあるから表示をよく見てと言われたことを思い出し、電光表示にWIKIKIと確認してから乗り込みます。

前乗りです。
乗ってすぐの運転席の横にお金を入れる機械があり、1ドル札を1枚ずつ、ウィーン、ウィーンと3枚入れます。これじゃ人数が多いと処理に時間がかかるなあ。でも杞憂でした。後からバス停で乗り込む人は、日本のSuicaのような非接触カードや、コインをザラっと入れる人が多く、お札をウィーンと入れる人は少なかった。

バスに乗りこみ後ろのパーティー席のようなぐるっと囲んだ席へ。バス内が良く見えて快適と思って座りましたが、エンジン音?エアコン音?がうるさい。バス車両の後ろから強烈な音がします。
ひと駅、約1キロくらい?我慢したところで真ん中あたりの席に移動。バスは日本でもうるさい乗り物ですが、ハワイのバスは3倍は煩い。

降りる人を見ていると、日本と同じようにボタンを押して運転手へ伝えるシステム。全てのバス停に止まるわけでないので注意が必要。

バス停は道路の名前です。〇〇通りと□□通り、という感じ。それに加えて近くの建物などの案内も出ます、スポンサーかも知れません。バスの1番前の上部の電光掲示板にも表示されます。

どこに居るかを確認にオフライン地図アプリで確認です。インターネットには繋がらなくてもオフラインマップの使える地図アプリを入れておけばGPSをキャッチして位置がわかります。

オフラインマップは地味に助かります。バスがどこに向かっているのかわかるので乗り間違えに気がつけます。タクシーに乗っている時も方向を確認できるので海外ではホントに安心。

以前にオンラインで海外でマップを使っていた時に使いすぎてスマホのバッテリーが上がった事あり。勘でバスに乗ったら、反対方向に乗ってしまい、夜で、本気でどうやって帰ろうか困った事あり。それ以降はオフラインマップにしてます。WiFiも4Gもオフにしても使えるのでバッテリーの減りも遅い。

バスは街中を通るので街を見れます。前半は大通りを通り、公共地域を抜け、だんだんと街になってきて、チャイナタウンを超え、ホノルルの観光地らしい地域に入ると高層ビルがニョキニョキと並んでます。

ワイキキ地域に入り、オフラインマップを見ながらバス停の名前に注意を向けます。

バス内の案内で降りるべきバス停名に気がつけました。降車ボタンを押します。いつも初めての知らない街での路線バスはドキドキです。

降車ドアに触れても開かないのでドンッ。途中で降りていった人達がセンサーが反応しないのか、開かなくてドンと押して降りていくことをみて学習していたので問題なし。

無事にワイキキまで路線バスで到着しました!ホテルまでは歩いて2分の距離。あっさりとホテルまで到着。

とても簡単だったのでスーツケース無ければおすすめです。ハワイにスーツケース無しで来る人は少ないとは思いますが(笑)