ミニマリスト

床寝におすすめのシュラフ

20210726

床寝におすすめのシュラフ

床寝を楽しんでますか?

前に記事で紹介しましたが、床で直接寝ると布団もいらないし、洗濯も減り、身体にもいい(個人差有り)、と良いことずくめです。→床寝する効果!洗濯が減る、環境に優しい、身体が健康に

でも、寝る時に何を被っているの?枕はいるのと気になりますよね?

布団を被るのか?シーツを使うのか?毛布なのか?

答えは、シュラフです。

今回は床寝で使っているシュラフと枕をご紹介します。このふたつがあれば床寝は快適にできますよ

シュラフは薄手の夏用 です

寒さから身を守るためにシュラフを使っています。軽量の夏用で、車出ない徒歩の旅行にでも持てるサイズです。

モンベル ダウンハガー 900 #5

このシュラフはダウンなのでとても軽くて暖かいのです。薄いため、床をしっかりと感じられるところも評価ポイントです。そして、よく伸びるので寝返りをうってもキツく感じません。

このシュラフをオールシーズン使っているのでますが、1年使う使い方で工夫している点は、

  • 春秋はシュラフにそのまま入って眠る
  • 冬は防寒の服を着てシュラフに入る
  • 夏はシュラフを広げてお腹にだけ被せる

冬用のシュラフはかさばるし、春秋には暑いのです。なので、薄い春夏秋用のシュラフを持ち、冬は服を着てから入ることでカバーする感じですね。

ホントにコレひとつで1年中を賄えます。加えて、エアコンも使用すれば充分に対応できます。

エアコンを使うのはミニマリストとしてどうな、のか?とガチガチに考えていた頃は使用せずに、夏は汗だく、冬は凍えながら過ごしてましたが、今はそこまでは厳しくせずエアコンも活用しています。

このシュラフは車中泊に持っていくにも便利で、引越し時も苦労なくて荷物で運べるのでほんとに便利です。

枕は薄いものを

枕は薄い最低限のものを使っています。

枕なしで眠ろうとチャレンジを何度もしたのですが、残念ながら頭がゴツゴツして痛くて眠れませんでした。

友人のミニマリストさんはシュラフだけで(シュラフの厚みに頭を載せる)、充分に眠れているので、枕が不要でも眠れる可能性もあるのですが、私は無理でした。

枕の代用に、バックパックを枕代わりにする、服を袋に入れて枕にする、雑誌を枕にするなど色々と試しましたが、どうしてもしっくり来ないため薄い枕を購入して使っています。

引越しの時には、この枕は価格が安くゴミ袋に入るサイズなので、処分する予定です。

おわりに

今回は床寝するためのシュラフと枕をご紹介しました。

特に薄手のダウンのシュラフは汎用性が高く、1年を通して使えるのでおすすめです。

この記事が貴方の床寝ライフの助けになることを期待して、今回の記事を終わります。読んでいただき有難うございました。