ミニマリスト

ミニマリストにとってのコンビニは冷蔵庫

ミニマリストにとってのコンビニは冷蔵庫の代わり

今回はミニマノマドの持ちのもので、なぜ冷蔵庫が要らないかについてのお話です。

結論は、「コンビニが近くにあれば冷蔵庫の代わりにする」です。

シェアリング冷蔵庫と考えると良いですね。

冷蔵庫が必要な理由

さて、冷蔵庫が必要な理由って何でしょう?あなたの冷蔵庫には何が入っていますか?

食料品、ドリンク、お酒も入っています?冷凍室には冷凍食品、アイス、氷なども入っていますね。

冷蔵庫の機能は約4度の空気の温度の中に常温保存できない食料品や飲料を保管することで、「長期間保存と冷却」ですね。

ミニマリストの冷蔵庫はコンビニ

それでは、少し考えてみてください、

あなたの冷蔵庫に入っているものでコンビニで手に入らないモノはどれくらいありますか?

食料品も飲み物もほとんどがコンビニで手に入るものです。

「これはコンビニでは売っていないデパートの高級品だから」という声が聞こえてきそうですが、

肉も野菜もコンビニで売ってます、一般的なジュースやビールも売っていて、同様のモノはコンビニで手に入るのです。

90%は手に入ります

残り10%の特別なものは残りますが、殆どが手に入るということです。

なので「コンビニは冷蔵庫の代替え」になるのです

冷蔵庫が自宅に無いデメリット

「そうはいってもその都度にコンビニに買い出しは大変だよ!」

確かにその通りですね、でも都度買いに行くことで、不要なものが家の中の冷蔵庫に溜まらなくなりますよ。必要なものをセレクトして購入することになるので、買う量も減りますし、動くのでダイエットの効果も。

加えて冷蔵庫が自宅にないことで電気代も下げることができるし家の中で冷蔵庫のモーター音が消えて静かになります。冷蔵庫のモーターの音は深夜のワンルームでは意外と大きく聞こえるものですから。

おわりに

私は冷蔵庫が自宅に無い生活を東京の都心で5年しましたが、必要な時にコンビニで購入する習慣にして困ることは全くありませんでした。加えて、都心部の有利な点としては徒歩圏内に24時間スーパーがあり、冷蔵庫の必要性は全くありませんでした。

ただ、もしコンビニまで徒歩でいけない場合には少し難しい点もあることを理解していて、「お酒を飲んだあとにコンビニにたどり着けない」ということです。なので、ミニマリストを本格的に始めたならば、コンビニが近くにある家に近くに引っ越すことをお勧めします。

日本の24時間のコンビニは労働する人を集める課題や、本当に24時間も空けておく必要があるのか?という論点もあり、今後は変化していく可能性もあります。

個人的にはコンビニはセブンイレブンの名前の由来と同じく朝の7時から夜の11時で十分だと考えています。

それでは、この記事がミニマリスト活動を始めたあなたの「冷蔵庫を持つかどうか」のお悩みを解決することを願っています。