ミニマリスト

ミニマリストノマドだけど住所が必要な理由は?

ミニマリストノマドだけど住所が必要な理由は?

https://nakashin.net

ミニマリストでノマドワーカーををしている人は一度は考えたことがあると思うのですが、

「住所が必要なければいいのに」と、

ミニマリストノマド的なワールドホッパーやモバイルボヘミアンの方は世界中を旅していて住居はもっていませんが、自分の国には「住所」を持っているものです。実家だったり、友人宅だったりするでしょう。

住所が本気で不要であればホームレスになると達成できますが、サラリーマンをしながらは難しいものです。

私は頼るのが苦手というか億劫な性格なので、ひとりだけで何とか住所を維持しながら、家は持たないことはできないか考えてみました。

結論は、私の場合は住所のための住居は減らすことはできませんでした。

家(住所)について考えたきっかけ

なぜ眠らなければいけないのか?家は寝るために絶対に必要なの?
持ち物を減らす中で思った疑問です。

家を借りるには毎月のお金がかかりますし、今の家はトイレがついているだけで風呂もないし、食事は外ですればよいし、ほんとに家では寝るだけなので、外で眠れたら家は必要ないのになあと考えたのです。

例えば、トランクルームに荷物を置いておき、毎朝着替えを取りに行く生活をすれば、家は無くても何とかなるかなあと検討したこともあります。最終的にはトランクルーム内で眠ることは規約違反と判明したので諦めましたけれど。

もちろんサラリーマンを続けていく前提の話です。

そして、考えたことは家の機能はなにか?です。

家の機能とは

私の考える家の機能は以下となります。

  1. 雨風を避けて眠るための空間
  2. 所有しているものを置く空間
  3. 社会的信頼のための住所

この中の(1) と (2)は、雨風を避けるには必要なだけ宿泊できるホテルやカフェなどの場所は沢山あるし、荷物はトランクルームやロッカーに預けることもできます、でも(3)の社会的信頼のための「住所」だけは家をもつ以外では難しいなあと気が付いたのです。

ホームレスになると住所が無くなることで職に就くことは難しいとよく言われますが、まさに住所は社会的信用のためですね。

そして、住所には郵便を受けるという役割もあります。住所がないと郵便物を受け取ることができないのです。

もちろん、誰かに頼んだり実家に依頼するという方法はありますが、私はあくまでも一人でやっていくことを目標にしているので、それは無しです。

 

郵便受け取り代行のサービスを借りたら?

社会的住所だけを得るには郵便を受け取り代行してくれるサービスを利用できないか?

よくある、スモールビジネスの人向けに東京の一等地の住所を貸してくれるサービスがあり、月額の費用を払えば郵便を受け取れます。

これで、郵便を受け取ることができると喜んだのですが・・・

問題がありました、住民登録ができないのです。あくまでも郵便物の受け取りのための住所だから当然です。

会社の登記もできる住所も付与される郵便受け取りサービス拡張版のようなサービスも世の中にはありましたが、法人向けで小さなアパートを借りるより高額で費用対効果的にはメリットがありません。長期不在時に郵便受けがいっぱいにならないメリットはありますけれどね。

海外ノマドワークに出かける時の郵便物の転送。ポストへの投函を減らす方法。転居届は海外から申し込めない。

 

今後の期待

現状では、私は家をもたずに「住所」を持つことは難しいと判断し諦めました。日本の社会の個人を特定する基本情報が「名前・生年月日・住所」なのですから。

でも、このデジタル化が進んだ時代に固定した住所はホントに必要なのと疑問です。郵便で送られて来る内容はほとんどEmailやチャットサービスで置き換えることができます。置き換えられないことは、商品の受け取りと住所確認のための限定郵便くらいでしょうか。

このことについて郵便局で働いている友人と議論になったことあります。

私「もう郵便は止めてもいいんではないの、デジタルで完了できるし?郵便局は要らないんじゃない?拒否できない地域限定広告も送り付けてくるし迷惑。」

友人「郵便でしか受け取りできない老人の方がいるから無理でしょう?だから郵便局は全国に必要!田舎のおじいちゃんとおばあちゃんの命綱だよ。」

デジタルに慣れていない人には郵便局は今も必要みたいです。
でも、そうなるとこれから数十年してデジタルを入社時から使ってきたひとが老人になった時には、郵便局はなくても成り立つかもしれません。

私の期待は、個人の特定が「名前・生年月日・デジタルアドレス」に代わることで、住所がなくても(正確に言うと特定の住所を持ち続けなくても)社会的信用を保つことができる世界になって欲しいですね。

マイナンバーを上手く運用すれば達成できそうですけれど。

おわりに

今回は「ぼっち」なミニマリストノマドとして住居を減らすことを考えたら「住所」に阻まれたお話でした。

デジタルアドレス化が進み、特定の住所が不要の世界になることを期待して記事書きを終えます。

デジタルアドレスが個人の特定になれば、自由に動けるひとが増えて経済が活発すると思うんですがどうでしょう?自由が増えると地域のつながりが減り不安感を持つ人が増えるリスクはありますね。