食べる飲む

カップラーメンを常温の水道水で作るとミニマリスト道の鍛錬になる!

20210520

カップラーメンを常温の水道水で作るとミニマリスト道の鍛錬になる!

https://nakashin.net

カップラーメンを水でつくることをミニマリスト道の鍛錬として試してみました。得られたことは・・・

  1. カップラーメンは常温の水でも作れると知る
  2. 時間は常温の水なら20分以上
  3. お湯がないならと代用を考える思考

特に価値があったことは「代用を考える思考」です。

モノが無くても(今回の場合はお湯)代用を考える思考はミニマリスト道の基本である持ちモノを減らすことに役立ちます。

カップラーメンを常温の水で作る

カップラーメンはお湯を入れて作るものですよね?

お湯も沸騰したお湯が必要で、ぬるいお湯では作ろうとは思いませんよ。

でも、常温の水でも作れます。

ただし、時間はお湯よりもかかって、最低でも20分は置いておく必要があります。

常温の水で作ったカップラーメンから得られること

常温の水でカップラーメンを作ることで得られることは、

  1. カップラーメンは常温の水でも作れると知る
  2. 時間は常温の水なら20分以上
  3. お湯がないならと代用を考える思考」

とくに価値のあることは「代用を考える思考」に気がつけることで、

例えば、災害時にお湯がないから食べられないと泣くことが無くなるでしょうし、

カップラーメンの本質の空腹を満たすという視点に気が付き、乾麺のままで食べることもできるでしょう。

このように、「カップラーメンはお湯で入れるもの」という固定概念から離れて、考えて行動することに繋がります

ミニマリスト道で大事な「他のもので代用できないか考える」につながる思考法を常温のカップラーメンを食べながら得られたのです。

常温の水で作ったカップラーメンの写真

20分待ったカレー麺

カレーの粉が溶けきれてない感がありますが、よく混ぜれば問題なく美味しくいただけました。

冷カレーですね。

水道水を入れて20分待ったカレー麺

20分待った天ぷらそば

常温の水道水で20分待つと天ぷらもしっかりと水分を吸収しています。

麺を混ぜると塊が残っていますが、ほぐせば問題なく食べられます。

天ぷらはサクサクではなく、ドロッとした感じですね。

 

常温の水で作ったカップラーメンが美味しいか?と聞かれたら、

お湯がない環境であれば美味しいと条件が付きますね。

熱湯で作ったカップラーメンの方が間違いなく美味しいです。

 

カップラーメンを常温の水で作った「口コミ」

災害時にも常温のカップラーメンを作れることは役立つとの口コミを紹介します。

災害時の対応方法として紹介されています。ヤフーでは細麺なら15分で食べられるとのこと。防災のカップラーメンは細麺にすれば水道水で作る時に時短になりますね。

水を注ぎ、ほぐれるまで待つ。
細麺のラーメンなどの場合は15分ほど。うどんなどの場合は20分以上。

引用:ヤフー天気・災害

 

警視庁でも防災対策として試していますね。「冷やしラーメン」のコメント同感です。水でも意外に美味しいものです。

 

こちらの岩手県の方は、水を入れてから60分の待ち時間を推奨しています。災害を経験された方の言葉は重みがあります。

おわりに

わたしが常温のカップラーメンを初めて食べた思い出は、小学生の時にプチ家出した時です。

夜の暗い中を、家から1キロも離れていないエリアをあるき回り、お腹が空いたのでカップラーメンをスーパーで買いました。

お湯をお店でもらう発想がなく、どうしたものかと考え、小学生らしく公園に行き、水を入れてカップラーメンを作りました。

3分程度ではまったく麺が柔らかくならなかったのですが、お腹が空きすぎていて、バリバリと冷たく固いカップラーメンを食べました。

長時間待つという知恵が小学生の私には足りなかった。

 

おかげで大人になってから試そうと考えたときには、小学生の時の経験から3分では足りないはずと想像できました。

経験は将来の役に立つ可能性がありますね。

 

ここまで読んで頂き有難うございました。あなたのミニマリスト道の練習のために好きなカップラーメンを購入してきて常温の水道水を入れてみることおすすめします。何か、将来につながる発見があるはずです。