食べる飲む

常温の水道水だけを飲む生活を1年して見つけたメリット

20210507

常温の水道水だけを飲む生活を1年して見つけたメリット

https://nakashin.net

こんにちは、しんじです。

ドリンクは水道水だけにして1年が経ちました。

ミニマリスト活動で飲み物を厳選したわけでも、お金を倹約したいから始めたというわけでもありません。

ただ、コーヒーを飲みすぎた時に、ふと思いついただけです。

でも、水道水だけ飲むにするとメリットが沢山あったので紹介します。

水だけを飲むことにした理由

コーヒー

新型コロナで緊急事態宣言のときにテレワークでずっと自宅で働いていた時のこと、

気分転換にコーヒーを飲み続け、1時間ごとに1杯飲むくらい大量に飲んでいました。

そして、

段々と胃が気持ち悪くなり、吐き気も感じ、

過剰なカフェインが原因なのか、頭も偏頭痛的に。

 

コレはまずい・・・

と気になり、コーヒーを止めることに決めました。

 

そのとき、

代用品を、ジュースでもなく、炭酸水でもなく、お茶でもなく、ミネラルウォーターでもなく、

「水道水」を飲むことにしたのです。

中途半端な代用品だとコーヒーに戻りそうだと感じて、

刺激が全く無く、購入する必要もない、

まったく特別感のない「水道水」を選んだのです。

 

くわえて、

冷たい水、温かい白湯、は刺激があるのでやめておき、

常温の水道水」だけを飲むことに。

 

ついに、

コーヒーを飲むことなく、常温の水道水だけを飲む生活を始めて1年が経ちました。

水道水を飲み続けて見つけたメリットとデメリットを見つけました!

水道水だけを飲むメリット

水道水をタンブラーに入れて飲む

1番のメリットは、ストレスが減りスッキリした時間が増えたこと。

カフェインや炭酸の刺激がないことで、脳が落ち着く時間が増えました。

水道水には栄養はなく、水分、ナトリウム、カルシウム、マグネシウムで構成されていて、食事と一緒でなければ胃で吸収されないので、胃腸に血が行き過ぎないために、脳がスッキリしてストレスが減るのだと思います。

 

2番めのメリットは、身体が楽になったこと。

身体が動きやすくなり、便通が良くなりました。熱が出たり体調が悪くなることが殆ど無くなったので、たぶん免疫力も上がったのでしょう。

 

3番めのメリットは、倹約になったこと。

コーヒーを買わないし、ミネラルウォーターさえも買わないのでドリンクを買うことが無くなりお金の節約になりました。

外に出るときもウォータータンブラーを持ち、水を汲んでます。

 

4番目のメリットは、水道水の美味しさを知れたこと。

水道水を常温で飲み続けたから感じられたことで、夏はぬるい水に膨らみのある美味しさを感じるし、冬は冷たい水に透き通った美味しさを感じます。

東京都の宣伝ではないですが、水道水は美味しいんです。普通にガブガブ飲めて、ほぼタダに近いもので、そしてしっかりと美味しいんです。

 

水道水だけを飲むデメリット

1番目のデメリットは、カフェに行きずらいこと。

コーヒーもお茶も飲まないので、カフェに入りづらくなりました。ミネラルウォーターを買うのもためらうし、食べ物だけ買って水道水を飲むのも「なんだかなあ~」だから。

 

2番めのデメリットは、タンブラーを洗う手間がかかること。

ペットボトルの飲料水を買うと常に清潔なボトルですが、タンブラーは洗う必要があります。環境には優しいんですけどね。

 

おわりに

今回は、常温の水道水をドリンクにしたお話でした。

体感したメリットは、ストレス減少、身体が楽、倹約、水道水の美味しさを知れたことで、

デメリットは、カフェに行きづらい、タンブラーを洗う手間、でした。

もし、あなたがコーヒーを飲みすぎてるなあと感じたら、水道水にスイッチすることをおすすめします。

 

この記事を最後まで読んでいただき有難うございました。

 

(追記)アルコール飲料は買っている

ソフトドリンクもミネラルウォーターも購入しないのですが、アルコール飲料は買ってます。

カフェインよりも強いアルコールの刺激をまだ身体が欲しているんです。