大阪の福島で551蓬莱の豚まんをレストランで食べてきた!

蓬莱のレストランは3つしかありません。

551蓬莱の持ち帰り専門店は関西に行けば山のように見つかりますが、レストラン形式のお店は3つだけです。*イートインは除く。

その中の1つ大阪の福島にある551蓬莱のレストランに行ってきました!

電車で行くにと福島駅からだと10分くらい歩くので大阪駅からタクシーで行くのがおすすめです。

では、大阪駅からタクシーで行ける551蓬莱のレストランを紹介しますね♬

 

時間がないので大阪駅で551の豚まんを食べたいという方にはこちらの記事をどうぞ!

【熱々】蓬莱551豚まんを出張時に大阪キタで食べる場所は【一択】



551蓬莱の福島店の基本情報

お店の名前:551蓬莱福島店

営業時間:11時から22時(休憩なし)

定休日:第一、第三火曜日

住所:大阪市福島区福島3−6−10 1階

最寄り駅:JR東西線「新福島駅」

公式サイトのレストラン紹介ページはこちら

場所:
福島駅の繁華街からは離れた4車線の大きな通りに面してポツンと蓬莱レストランがあります。

テイクアウトでも購入できるので車で来て爆買いするには最高のロケーションですね(笑)

大阪駅でタクシーに乗れば8分で到着です。 グーグルマップのルート検索を貼りますので参照ください。

 

 

 

551蓬莱レストランで豚まんだけ食べた体験記

今回は阪神電鉄の福島駅から歩いて向かいました。

福島駅周辺のナイスな飲食店街方向ではなく住宅街に向かって歩きます。方向が合っているのか不安になり何度もグーグルマップを見直します。

大きな通りに出て左に曲がると有りました。551です!

完全に住宅街に溶け込んでいます!

店頭ではテイクアウトの点心、そしてアイスキャンディーが販売されています。大阪のおばちゃんが並んでます。

お店に入るとガラスの向こうで551蓬莱の特徴である豚まんを包む実演が大阪のおっちゃんにより行われてます。

551蓬莱の豚まんを食べに来たのだ〜と盛り上がる瞬間ですね。

ではメニューを拝見しましょう。

豚まんは1個から頼めます。さすが551です。

ビールを飲みたいところですが、夜に仕事をしたいので気分だけのノンアルコールビールにします。しっかりノンアルもメニューにあります。

 

では店員さんを呼んで551蓬莱の「ぶたまん」を頼みます。

スグにノンアルビールは持ってきてくれました。

豚まんは10分位して配膳されました。出来たての熱々です。

記事を書くために半分に割って中身を写真に撮ります。

玉ねぎと豚肉のハーモニーが素晴らしいですね。黒い点々はブラックペッパーの隠し味と思われます。

むしゃむしゃと食べます。止まりません。

豚まんを一気に食べきりました。

落ち着いてから店内を見渡すと、壁もピカピカ、テーブルもおしゃれ、中華の雰囲気というよりファミレスの雰囲気です。こんなところにも551蓬莱のこだわりが垣間見えます。

美味しく頂いたので帰ります。

豚まんの値段はテイクアウトと同じ170円でした。

ちなみに飲み物は注文しなくてもOKです。

無料でお茶を頂けます。

 

おわりに

大阪駅からタクシーで8分でたどり着ける福島駅(大阪市)の551のレストランに行ってよかった。

お店で蒸したてを熱々で食べるのはとても美味しく最高でしたね〜。

551の豚まんをお店で落ち着いてじっくりと味わいたい方は訪問してみてください。

大阪訪問の良い土産話になりますよ♬

 

大阪ミナミの難波まで足を伸ばせる方は蓬莱本店との食べ比べもおすすめです。宜しければ食べ比べ記事もどうぞ。

なんばで「551蓬莱」と「蓬莱本館」豚まん食べ比べ!

 

シェア頂けるとハッピー度がUPします!