食事を改善するために1食500円制限にトライした結果!?

 

私は食事も飲みも、あまり値段を気にせず買うタイプでした。
とはいえリーズナブルなレストランで昼1,000円、夜で3,000円ぐらい、またはコンビニやスーパーでの買い物です。

ふと考えた時に、なんだか無駄遣いをしているなあと気がついたのです、一日に朝1000円、昼に1000円、夕食に3000円、夜食に1500円、こんなにも大金を使うのです、プラスしてアルコールが2000円になると、全部で8500円を一日に飲食に使っています。
これはまずいと思い、実験をしてみることにしました

題して「飲食は一回500円のリミット」です
これは一回に購入する飲食物を500円以下に抑えるトライです、レストランでも、コンビニでも、スーパーでも、どこでもです。

 

では、一回500円の飲食代の実験についてレポートしますね♪

【決め事】

①飲食物の一回の買い物は500円以下

(所持する飲食物は500円以内に制限)

②買ったものを胃に入れたら次の買い物ができる

(既に胃に入れたの価格分をマイナスしての追加購入は許可、450円購入して150円分を食べたら所持分は300円であり、200円までは購入できる)

*注記
自宅に冷蔵庫や食料の在庫はありません、全て外食または中食で生活しています
そのため500円以上の商品の飲食が不可能になりました、野生のものや無料のものを食べなければ(笑)

 

実行してみると

まず殆どのレストランに入れなくなります、居酒屋も当然入れません
入れるのはファストフード、牛丼、立ち食いソバぐらいです
コンビニでも買う量が極端に制限されます
スーパーに行くと買える量が少し増えますが、中・高級品を買うことは無理です

この500円という縛りで満腹感を得るためには魚、肉、野菜に手を出さなくなり
おにぎり、パン、ファストフードがメインの買い物へとなっていきます
野菜は実験開始直後はパプリカや人参を一本だけ買い、生で食べたりと楽しんでましたが
だんだんと、炭水化物を多く摂るせいか野菜に興味がなくなってきました

アルコールは、100−200円のものをセレクト、パックワイン、清酒、焼酎など
おつまみ無しで、お酒だけではつまらないので500円のお酒は買いません

金銭的には非常に効果ありました
一回500円で、全て食べるまで次を買わないことにすると
朝・昼で500円x2、夕食は量を確保するために2回食べても1000円です
お酒を飲み、満腹中枢が麻痺して夜食が2回発生しても一日の合計は3000円です
少ない日は1500円以下で収まります

 

この制限のメリットは

① 食べるものをよく考えて選ぶので食が改善する
② 食べ物とお金の相対的な価値を見直せる
③ 制限は脳が楽しみだし、他のことも制限してみようと考え始めるので、ミニマリスト道を進むアシストになる

 

この制限のデメリットは

① 炭水化物が増えて栄養が偏った
② お酒が安い種類しか飲めない
③ レストランに行けない

次のステップとしてメリット・デメリットを加味して以下を検討中
① 500円以上でも単品なら許す
制限を超えても、1種類なら購入してもよいことにする、レストランに入っても単品注文なら許す
食事&ドリンクは2品なのでダメ、食事も定食やセットメニューはダメ

② 野菜を強制的に食べるルール作り
毎食、必ず野菜を入れる、これは500円的には苦しいが

ちなみに、友人との会食や仕事の食事会にはこの制限は持ち込んでいません(笑)
取り敢えず、社会人として仕事しているので、自分の趣味の自己実験とは分けてます

あなたも是非試してみてください、ミニマリスト的制限は心の安定に繋がります

 

ミニマノマドにおすすめの財布&パスポートケース