飛行機内WIFIの速度【SASスカンジナビア航空は残念な結果】

写真:SAS航空のエコノミー席に座ると機内WIFIの案内が座席ポケットの一番目につく場所に

 

こんにちは、なかしんです

 

スカンジナビア航空(SAS)でデンマークのコペンハーゲン空港から成田空港まで移動しました。着席すると機内WIFIサービス「FLY&SURFACED ON BOARD」の説明がシートポケットの一番目立つ場所に入っています。飛行機内WIFIに対するやる気が感じられます。裏には携帯電話も使えると書いてます。これは期待できそうです。

今回はSASの機内WIFIサービス(有料)の速度と使い勝手を紹介します。

 

写真:裏面、スマホのスイッチをONにすれば3Gで接続できると書いてある

 

 

結論ですが、速度が遅くて使用に耐えず残念な結果でした。(2017年9月)

基本情報 (2017年9月現在)

【WIFI接続料金】 約1,500円 99DDK(デンマーククローネ)、11ユーロ、12米ドル)

【接続時間】 一回の乗機期間(時間無制限)

【支払い方法】 VISA、Master、AMEX,Diners (JCBは不可

【無料の条件】 エコノミーPLUS以上のチケットを保有している(エコノミーGo以外は無料)

 

接続してみました

先ずパスワード無しでWIFIに接続します

ブラウザーを起動するとSASのサイトが自動で表示されます

中ほどに表示されている”Continue to SAS WIFI Onboard”をクリック

 

有料のWIFIを選ぶ

メニューの一番上の”Buy Wi-Fi connection”をクリック

(もし、無料でWIFI使用できるクラス席の場合は”Free Wi-Fi connection”を選択)

 

名前とE-mailを入力します

アルファベットで氏名を入力、メールアドレスを入力

使用条件”Terms & Conditions”を読んでチェックを入れます

 

 

支払方法と通貨の選択

クレジットカード払いを選び、支払う通貨を選択

残念ながら日本円では支払えません。今回はデンマークのコペンハーゲンから乗機したのでデンマーク・クローネ(DKK)で支払うことにします。幾らの請求が来るのでしょう?(後日記入:1758円の請求が来ました、米ドルで払ったほうが割安でしたね)

 

エラー画面が!

通貨を選択したあとに、待っても待っても画面が変わらず、最後には404エラー(ファイル見つかりません)が出現!

嫌な予感が・・・。クレジットカード使用は止めようかと良いかと頭をよぎりますが(汗)、しかしめげずにやり直し。

 

 

クレジットカード情報の入力

支払うクレジットカードのタイプ(VISA,MASTERなど)を選んで、番号を入力。(日本人としては残念ですがJCBカードが選べません。最近は10年前以上にJCBを海外で使える機会が減った気がします)

99DKK(デンマーク・クローネ)を確認して”Pay”ボタンをクリック

 

クレジットカードの確認中は”戻る”と”更新”をしないようにオレンジ色の注意が出ます

ここはじっと待ちます、結構待ちます・・・・・・・・また404エラーかとドキドキします

 

接続中と画面が切り替わり

 

「WIFI接続完了」と表示が出ました

 

 

接続速度は?

さて、WIFI接続のスピードはどうでしょう

SPEEDTESTアプリを使用してiPhoneで測定しました。

Speed test by Ookla

 

計測結果

ping平均 1566ms (1474, 1735, 1490ms)

ダウンロード平均 0.79Mbps  (0.21M, 0.37M, 1.81M)

アップロード平均 1.79Mbps(1.75M, 2.06M, 1.58M)

 

計測中は何度も「計測できません」とのエラーが出てきました。

めげずに続けて計測したのがこの結果です。

ダウンロードは3回目の計測の一度が1.81Mと良い結果出ましたが、その他は200-300kbpsで遅すぎです。アップロードは1.5Mぐらい出ています。

 

 

アプリごとの使用感

アイフォンとマックで使用しました。

WEBブラウズは遅いながらもなんとか可能ですが写真はほとんど表示されません。

スカイプやFacetimeは予想通り出来ません。これは機内WiFiなので当然でしょう。
ユーチューブは初期画面も出ません。画像情報が多いと難しいのでしょう。
アイフォンのメッセンジャーが使用できないのが意外でした。容量は少ないと思うのですが。

ダウンロードの遅さが酷いですね。アップロードは2M近く出るのでインスタの写真のアップロードはできました。
WEBブラウズの表示にあまりにも時間がかかります。2時間ぐらいは頑張りましたが、それ以降は使うことを諦めました。

 

iPhone 5c の結果

Mail: 読むことできた

インスタグラム: 写真のアップロードできた、写真表示は厳しい

iMessage: 送受信できず

Skype: 接続できず

Facetime: 接続できず

Twitter: 接続できず

Facebook: 接続できたが写真が出ない

 

MacBook Pro 13inch の結果

ChormeでGmail: 接続できた

ワードプレス: 接続できた

ヤフーニュース: 接続できた

Facebook: 接続できた、

Youtube: 初期画面のアクセスすらできず

(*画像はほとんど表示されません)

 

 

Q&Aです

iPhoneで接続する場合は?

iPhoneで登録画面に接続するとレスポンシブに非対応でパソコンと同じ画面が表示されます。使い勝手が悪いのでパソコンも持っている場合はパソコンでの登録がおすすめです。

 

パソコンとスマホの2台で同時に使える?

使用できません。

例えばパソコンで接続した後にiPhoneで接続するとします。登録時の名前とE-mailを入力するとWIFIがiPhoneで使用できるようになります。しかし、パソコンのWIFI接続は数秒後に切断されます。

同じIDではひとつの端末でしか使えません。同時使用する場合はIDをもう一つ取得して2倍の支払いが必要です。

 

通話と3Gモバイルデータは使用できた?

勇気を持ってスマホのローミングをONにしました。(高額請求が怖い)
アンテナは立ちませんでした。電波が飛んでいません。

仕様説明書は有りますが、コペンハーゲン→成田では使えないようです。

 

 

おわりに

SASスカンジナビア航空の飛行機内WIFIはまだ発展途上でした。
使用に耐える速度が出ないにも関わらず1500円という強気な値段設定はがっかりでした。
想像する速度が出ないので多くの人が同時に使わないよう高額にしているのでしょう。

次回、SASに乗機した際には再びチャレンジします。改善していること期待しています、スカンジナビア航空さん!

 

(追伸)JALの国内線の機内の無料の無線WIFI ”gogo in flight”はユーチューブも見れるレベルです。国際線と国内線では飛行高度が違うからかもしれませんが、今後はどの航空会社の機内WIFIは安定して速度が出るようになると期待しています。
ネットから強制的に切り離してもらえる時間が無くなるのは残念な気もしますが・・・

 

Sponsored Link