モンベルのウィンドブレーカーEXライト・ウィンドジャケットで旅行を快適に!

ポケットに入る防寒具で旅行の荷物をミニマムに!

旅行に行く時に寒さを凌ぐ上着って荷物のスペースを取りますよね?無くても大丈夫だろうけれど、寒く感じた時に必要だから持っていきますよね。

そんな時にはモンベルのEXライトウィンドジャケットです。わずか45g、畳んでポケットに入る小ささ。これがあれば旅行の荷物を減らすことできます。

では、ミニマノマドの旅行に必須のモンベルEXをご紹介します。

 

EXライト・ウィンドジャケットの商品詳細

ブランド:モンベル
商品名:EXライト・ウィンドジャケット(Men’s, Lady’s)
価格:約8千円
重量:45g
素材:7デニール・バリスティック®エアライト ナイロン・リップストップ(ポルカテックス®加工)
色:青、黄色、緑、白、(オレンジは現在はラインナップに無し)
モンベル品番:#1103233

EXライト・ウィンドジャケットを使ってみた感想

このウィンドブレーカはとにかく軽くて小さくて便利。パンツのポケットにも入りますし、バッグに入れても全くもって容量をとりません。動画で確認してください。手のひらに治ります。

旅行時に少し肌寒いと感じる時に使うと効果抜群です。分厚いジャケットで無いのですが防寒性能がしふっかりあります。

特に役に立つのが温度変化の読めない飛行機の中です。クーラーが強くて寒いときもこのウィンドジャケットがあれば体温を保てます。ウィンド用ですが風のない飛行機内でも効果抜群です。

 

EXライトウィンドのおすすめのポイント

①小さい
EXライトウィンドに使われている素材は極限まで薄いのです。そのため小さくたたむとポケットに入るほど小さくなります。
それでいて防寒性能はしっかりしているのです。

②軽い
45グラムの重量は全く重さを感じません。スマホが150グラム位ですからその三分の一の重さです。
この軽さは荷物に入れた時に重量が増えない、ポケットに入れても重さを感じないメリットがあります。

この軽さの秘密は7デニールという肉眼では見えないほどの細い糸を織り上げたシェル素材です。
ちなみにデニールという単位は9000メータの長さの糸の重さです。普通のストッキング用の糸が30デニール以下、30デニール以上をタイツと言います。この糸はストッキング用の一番細い糸よりも軽い糸で作られています。

③ベンチレーションが付いている
脇の下の部分がメッシュになっていて通気性があります。汗が内部でこもってベタベタして蒸れる感覚は皆無です!

肌に触れる部分がサラサラして気持ちよく、Tシャツや半袖シャツの上に羽織ったときに腕と当たる部分にベタベタする感覚は有りません。

 

 

EXライトウィンドのデメリット

唯一のデメリットは雨に弱い事です。

小雨程度なら問題ありませんが傘をさしていて腕の部分が雨で濡れるような状況になるとベタッっと腕にくっついてしまいます。ボディ部分の防寒性能は確保されるので使えないわけではないですが。

見た目は風だけではなく雨にも対応してくれそうですが、雨に対しては強くありません。

EXライトウィンドを選ぶときのポイント

①サイズ

サイズが大きめに感じるので小さめを買うことをおすすめします。

私は普段の服はLかMのどちらかのサイズで、どちらかというとシャツはLが多いです。身長177cm、体重63kg。

しかし、EXライトは一回目の購入はMサイズ、二回目の購入はSサイズにしました。Mでは腕の長さが余るので二回目はSにしました。Sでは少し胸の部分がキツくは感じますがフィット感は良いです。

夏にTシャツやシャツの上に着る夏向けの使用目的なら、②サイズ小さめ。春秋にジャケットの上に切る可能性があるなら①サイズ小さめがおすすめです。冬の寒さには流石に出番は無いですね。

②色

色は一回目はオレンジ(今は廃版の色)、二回目は白を購入しました。

オレンジは目立つ色で朝夕のウォーキング時などに安全に歩けるなあと感じました。そして色が活動的にさせる効果もありましたね。ジョグやウォークなど活動的に使うならおすすめの色ですね。今は黄色を購入することができます。

白は、シースルー的に下のシャツが透けるので、面白いコーディネートができますね。静かな目立たない色なので着ていて落ち着きます。飛行機の中での使用がメインなら白がおすすめです。

写真でどうぞ、ピンク色のシャツを着ているとこんな感じにシースルーで色が映えます。

おわりに

モンベルのEXライト・ウィンドジャケットは旅行には最適です。体調を崩さないために、荷物を減らすために是非あなたの旅行にもお供させてあげてください。