ルフトハンザの飛行機内WIFI、Chatプラン64kbps制限に挑戦!写真は無理(泣)

64kbpsでは遅すぎ!

ルフトハンザ航空で日本へ戻る時に機内WIFIにチャレンジしました。
SNS向けの最低限プランを試すとあまりにも使えませんでした。

ルフトハンザ国際線で飛行機内WIFIを使うなら価格が高くても通常プランを選ぶことをおすすめします。

ルフトハンザの機内WIFIの基本情報

名称:FLYNET

プラン:
CHAT(FULL FLIGHT) 9EUR、速度制限64k Bit/s、
4HORUS 14 EUR、速度制限無し
FULL FLIGHT (INTERCONTINENTAL) 17 EUR、速度制限なし

支払い:クレジットカード、ユーロ、USドル、中国元(残念ながら日本円はなし)

接続はWEBページから。スマホでもPCでも可能。

*2019年1月に乗ったときの情報です

ルフトハンザのチャットプランを使った結果

今回のフライトではCHATプラン、9ユーロを試しました。
SNSやメッセンジャーが使えるかのテストです。

結果としては、17ユーロ払って速度制限なしにすべきでした。遅すぎた・・・

仕事のためのWEB表示は当然できませんし、チャットもメールも写真が含まれると無理。ホントにテキストだけのチャットをするためのプランでした。

iPhone8でCHATプランを使った結果

ツイッターやFacebookのSNS更新にすら時間がかかりました。

速度テスト
軽いFASTがエラーになって測れず。
何度か試すと0.0kbpsと出ました。

メール

時間が掛かるが受信できた。添付ファイルも可能。PDF100kを遅れた。
写真の小サイズ(30k)はメールで送れた。中サイズにするとエラーで送信できず。送信中の状態が長く続いたあとにエラー。

アイメッセージ

テキストメッセージは送受信問題無し。
写真は送信エラーになった、15分経過後にエラーが出た。写真を送信状態の時はテキストも届かない。

写真は送らない方が良い。

フェイスブック

フィードの文字は出る。
写真は苦しいくらいに出てこない。

ツイッター

更新に時間がかかる。なかなか写真が出ないが時間が経つと表示される写真もあり。

投稿は写真付きでできた。ツイッターアプリが自動的に写真サイズを最小にしてくれると推定。

インスタグラム

更新だけでも苦しい。写真だけでなくメッセージもでない。

投稿はエラーになる。時間が経ってからフィードをリフレッシュできませんでしたとエラーメッセージが出る。

インスタは全く使えませんでした。

おわりに

ルフトハンザ航空の国際線で飛行機内WIFIを使うときは、

ケチらずに、通常プランを使いましょう!

CHATプランはテキストにしか使えません。しかしながら9ユーロもするので割高に感じます。少しでも写真を使うなら通常プラン17ユーロ、または4時間14ユーロがおすすめです。

飛行機内WIFIのまとめサイト【全記事掲載】