【東京】皇居の梅2018、見どころ・東御苑のアクセスと開園時間もご紹介!

梅の花を見に皇居へ!

皇居東御苑は一般に開放している皇居のエリアです。梅林坂では石垣をバックにした綺麗な梅の花を見ることができます。

いちど梅の時期に皇居に行ってみませんか?

基本情報

◆名称:梅林坂の梅
◆場所:皇居東御苑の梅林坂(その他に二の丸庭園諏訪の茶屋にも梅の木が有り)
◆時期:1月下旬から3月初旬

【皇居東御苑】
◆公開日:月曜日と金曜日を除く日、祝日は開園し次の日を休園
◆入園:大手門、平川門、北桔橋門(きたはねばしもん)
◆最寄り駅:東京メトロの大手町駅、竹橋駅
◆入園時間:9時から16時
◆費用:入園無料(入園票を入場門で受取、退出する門で返却します)


◆梅の本数:約70本(紅梅、白梅)
◆ライトアップ:無し。閉園が日没頃ですのでライトアップは有りません。
◆マップ

 

 

梅の見どころ

 
江戸城跡の石垣をバックにした梅の花が綺麗です。皇居の中の広々とした道路のわきに梅の木が並んでいます。石垣に沿った梅の花の白と紅が混ざって綺麗に咲いています。

梅林坂の梅は美しい散歩道ですね〜♬

メジロが梅の花にとまっている、日本画のような景色を見ることもできますよ。

 

梅の見頃と開花予測

皇居の梅の花の見頃は2月中旬です。
1月から咲き始める玉牡丹、未開紅、紅冬至、八重寒梅、八重野梅も有ります。1月下旬以降なら梅を楽しめますよ♬
 

梅のライトアップ

残念ながら皇居内ですのでライトアップは有りません。
天気の良い昼間に梅の花を見に行きましょう!
 

おわりに

皇居東御苑の梅林坂の梅の花は一度見る価値のあります。

御苑内は自動車も走っておらず入場者も多すぎずとても落ち着ける場所です。梅の花を楽しみ、そして皇居内を散策するととても爽快な気分になれますので一度行ってみてくださいね♬

青い空の晴れた日に行くことがおすすめです。

シェア頂けるとハッピー度がUPします!