海外旅行のスリ対策はコレ!ミニマリスト的アイデア3点。

スリ被害の対策を3つご紹介!

海外旅行中は日本と異なりスリ被害に合う可能性が高くなります。そしてスリ被害にあうとカードの停止など手間がかかり海外旅行を楽しめなくなります。

最近のパリではスリの被害は多すぎて、被害届はインターネット上のWEB届けになっています。警察官が対応していると人件費がかかりすぎるのでしょう。

この記事ではスリ被害に合わないためのミニマリスト的アイデアを三点紹介します。

 

① カードや現金はパンツの前側ポケット!

スリは後ろから見ています。後ろから見て財布が入っていることを見つけると狙われわすくなります。

パンツの前側のポケットにカードや現金を入れましょう。

薄い財布を用意する、カードや現金を裸で入れるなどが良いですね。普通サイズの財布はなかなか前ポケットにはいるサイズはありませんので、海外旅行時だけ使う薄い財布を探してください。

私の経験では、前からすれ違いざまに前ポケットに手を入れられたことが一度ありますが、スグに気がついて手で抑えて事なきを得ました。

② イヤホンをする!

道を歩く時にはイヤホンを装着しましょう。

地元の人のフリをするのです。

海外旅行者は一般的には観光時に音楽を聞いたりしません。観光を最大限に楽しむために耳からの情報も取り入れようとするからです。

そこを逆手に取って地元の人と見せかけるためにイヤホンをします。観光客と見られないことでスリ被害の対策になります。

スマホにつなげていても音楽は聞いていなくて良いのです。周りの音が聞こえるようにするには何も聞いていないほうが良いですし。

③ バックパックを前にかけない

バックパックを前にかけている旅行者がたくさんいます。バックパックに手を入れられにくくするために背中に当たる部分に開閉口が付いているモデルもあります。このことからバックパックは狙われやすいと言えます。

しかし、バックパックを前にかける事はおすすめしません。

なぜなら、あまりにも旅行者と判別しやすくなるからです。歩く動きも悪くなります。

バックパックは片側の肩にかけるのがおすすめします。

しかしながら一番のおすすめはバックパックを持たないことです。カバンをもつなら口が開いていて貴重品が入っていると想像できないタイプが良いでしょう!

おわりに

海外旅行時にスリ被害に合わないためのミニマリスト的対策を紹介しました。

① カードや現金はパンツの前側ポケット!
② イヤホンをする!
③ バックパックを前にかけない

スリ対策はカバンに貴重品を体の前側にもつことと現地人風を装うことです!