JAL(国際線)の機内WIFI【有料】はビジネス作業可能!

JAL国際線の飛行機内WIFI有料はビジネスに使用可能です

JALで成田からドイツのフランクフルトまで飛びました。

飛行機内WIFIが導入されている機体でした。最近は飛行機内のWIFIが積極的に導入されるようになり嬉しいことです。ネット依存の傾向のある私にはとても助かります。

ネットのスピードが遅すぎてお金をムダにすることもありますが、機内WIFIが標準になってほしいと思うひとりとして”有料”で活用した結果を報告します😁

JAL【国際線】機内WIFIの基本情報

 

(注)2018年3月に使用した際の情報です。

◆価格:
2フライト全時間プラン(24時間):18.80USD(1USDが110円換算で約2100円
JALカードで支払うと10%OFFの特典があります。

1時間プラン:10.15USD(約1100円)
3時間プラン:14.40USD(約1600円)

*何れのプランも容量は無制限です。

◆領収書:発行可能、メールで受信できる

◆サービスプロバイダ: Tモバイル

◆VPN:使用可能

 

 

 

JAL【国際線】機内WIFIの使い方

申し込む前によく確認

申し込む前に注意書きをよく読んでください。静止衛星を介して地上と通信するので安定してないと明記されています。

 

申込み方法

申込時はEmailアドレスでHotSpotアカウントを取得します。

登録後にクレジットカード又はPayPalで支払えます。JALのクレジットカードを持っている場合は支払いはJALカードで行うと10%オフです。

支払いが完了するとインターネットに接続されてタイマーのカウントダウンが始まります。

ログアウトしても再ログインすれば再開できます。
使用するデバイスをPCとスマホを切り替えできます。両方同時に使用するにはもう一つIDを取得して支払いを行えば同時に使えますが少しお高いので切り替えて使うと良いでしょう。

 

JAL【国際線】機内WIFIのスピード

Ooklaスピードテストアプリで測定したところ 0.2M〜3Mからとばらつきがでました。衛星との通信タイミングによってスピードが変わると思われます。

 

JAL【国際線】機内WIFIでアプリの使用感

Gmail

快適に使用可能。

Outlook

快適に使用できました。

iMessage

問題なく使える。

スカイプ

遅くて厳しい。音声だけならOK。
飛行機の飛んでいる場所によっては使えるという感じです。カメラを使用するとパズルのように荒い画面になります。

FaceTime

厳しいです。「ネットの速度」が遅いとエラーが出ます。一瞬つながることありますが、「回線状況悪化」エラーになります。
音声だけに切り替えると使えます。

ユーチューブ

iPhoneでは快適に観ることができました。普通に楽します。
Macでは144pと最低の解像度になり厳しいです。スマホで鑑賞したほうが良さそうですね。

ポッドキャスト

ダウンロードして音声を聞くことできました。

 

おわりに

JAL【国際線】の【有料】の機内WIFIはビジネスに使うにはOKでした。
チャットやスカイプとFacetimeが音声だけなら快適に使えるのはビジネス的には良いですね。
Youtube、動画、大きな写真を扱うなどをしなければ快適に使えますよ♬

シェア頂けるとハッピー度がUPします!