なんばで「551蓬莱」と「蓬莱本館」豚まん食べ比べ!

有名な「蓬莱(ほうらい)」の豚まんは二種類ある?

 

全国的に有名な「蓬莱」の豚まん。新大阪駅や伊丹空港ではいつも行列を作って全国にお土産に持ち帰る人が沢山います。

お土産用の豚まんには「蓬莱」の名前ですが二種類あることに気が付きましたか?

「551蓬莱」と「蓬莱本館」の2つです。

 

豚まんは生まれは同じ「蓬莱」のお店ですが、現在は別れて別々の会社です。

今日の生地は、二種類の「蓬莱」の食べ比べを大阪ミナミの「なんば」でしてみようという話です。

あなたの「蓬莱」の好みを発見する手助けになりますよ♪

 



何が違うの「551蓬莱」と「蓬莱本館」?

蓬莱本館と551蓬莱の生まれは同じ中国料理のお店です。

1945年に「蓬莱食堂」ができました。創業メンバー3人は蓬莱食堂を発展させます。

しかし19年後の1964年に暖簾分けして3つの会社に別れました。蓬莱本館、蓬莱別館、551蓬莱が誕生したのです。

現在、豚まんを販売しているのは蓬莱本館と551蓬莱です。

ちなみに「蓬莱」は古代の中国で仙人が住むと言われる不老不死の理想郷のことです。良い名前ですね。

 

味比べのできる場所は難波(なんば)

なんば本店の「蓬莱本館」「551蓬莱」のレストランは隣どうしで並んでいます。

このレストランをハシゴすることで、熱々出来たての好条件で両者の比較をすることができます。

お店の場所は大阪メトロの御堂筋線で降りて「千日前線乗り換え」方面に歩いて改札を抜け「20」番出口を目指してください。

出口から歩いて100mです。

地下鉄内の構内図はこちら(図をクリックすると大阪メトロの構内図ページに飛びます)

 

「蓬莱」豚まん両者の比較

豚まんの特徴を比較して見ました。

蓬莱本館は中華街の店頭で売っている豚まんに近い本場中国系で、551は独特の日本に合わせた感じです。

価格は同じ。

 551蓬莱蓬莱本館
価格170円170円
生地重い蒸しパン感本場中国系のペタッとしたモチモチ感
玉ねぎが多く豚肉感は少なめ。量は多め。肉を中心とした味わい、量が少なめ。
シート

豚まんを半分に割った時の比較を写真でどうぞ。

左側が「蓬莱本館」、右側が「551蓬莱」

実際にはしごして豚まんを比較して食した時のレポート

大阪出張時に食べ比べをしてみようとミナミの「なんば」に向かいます。

大阪メトロ御堂筋線のなんば駅で降りて蓬莱へ向かいます。なんばの地下街の人の多さと天井が低い圧迫感は相当キツイですが、豚まんのために耐えて歩きます。

始めに「蓬莱本館」、次に「551蓬莱」に伺うことにしました。

写真の手前側が551蓬莱、マクドナルドを挟んで奥側が蓬莱本館です。

今回食べるレストランは両者とも2階です。一階ではカウンター販売が行われています。

「蓬莱本店」レストラン訪問して「豚マン」

まずは蓬莱本館を訪問。看板には大きく「発祥のお店」と書かれていて食べ比べへの気分が盛り上がります。

蓬莱本館のレストランに入るにはカウンター販売の右側の階段を登ります。キャリーケースを持っていたのでちょこっと大変です。

メニューを見るとすると点心の「豚まん」は二個からの注文です。

食べたあとのお土産用のテイクアウトなら一個でもOKなのに。

はしごする予定なので2個は多いなあと店員さんにそれとなく「一つだけで頼みたいんですが?」と聞くと「ひとつでも大丈夫ですよ〜」と快い答えが帰ってきます。好感が持てます♪

豚まんにはビールだろうということで生ビールを頼みます。普通に生中が来ました。

あとでメニューを見て気がついたのですが「グラス」という小さいサイズもありました。はしごするには小さいサイズが良いですね。

数分待って豚まんがやってきました!見た目は艷やかなテカリをもった外観です。大きさはコンビニの豚まんと変わらない感じです。

近づいて見てみましょう。ツルツルの表面で真ん中に絞って餡を閉めた穴が凹んでいます。

割ってみましょう。肉がゴロゴロ入った豚肉感がしっかりの餡です。

生地はフカフカで白く餡とのカラーバランスが引き立っています。

食べると、肉のゴロゴロ感と餡のしっとり感が絶妙なハーモニーです。

横浜の中華街で食べた肉まんを思い出す味ですね。本格中国料理系の饅頭です。

食べてから落ち着いたので店内を見渡してみました。中国料理屋さんの雰囲気もありますが、普通のラーメン屋さんと言われても納得できるカジュアルな感じです。

伝票をカウンターに持っていき支払います。

蓬莱本館では「豚マン」とカタカナで呼ぶのですね〜。

支払いを終えて階段を下って外に出ます。

ビールを飲んだのでキャリーケースがより重く感じます。コケないように最大限の注意が必要です。

 

 

「551蓬莱」レストラン訪問して豚饅

次に551蓬莱で豚まんを食べますよ。

551蓬莱はマクドナルドを挟んで隣です。ビルは完全に隣同士です。

こちらも二階のレストランまでは階段です。キャリーケースを持っているので変わらず大変です。コインロッカーに500円で預けてきてもよかったと感じるくらい細くて急な階段です。

今回は蓬莱の食べくらべが終わるとスグに関西空港に向かうのでコインロッカーは使いませんでしたが、なんばで観光もするなら預けると快適&もう少し飲めますね♪

551蓬莱でも比較のために豚まんとビールを注文します。

こちらは点心としての豚まんの注文単位は1個です。

ビールは小さいサイズもありました。ハシゴなので少サイズで注文。

豚まんとビールがやってきました。

ビールのおつまみにカシューナッツがついています。中国料理屋さんらしいです。

豚まんはパンピザ生地のようにすこし凹凸があるザラッとした表面です。

餡を詰めたあとの絞りに穴ができています。

豚まんの底に敷かれているのは薄い木です。

では割ってみましょう。

餡がの量が多いですね。

しかし肉のゴロッとした感じはありません。玉ねぎと肉が半々ぐらいという感じです。

玉ねぎのエキスが出ているのか生地に味が染み込んでいっている感じですね。

食べると、玉ねぎの甘さと肉の感じが551です。

生地は蓬莱本館と比べるとパンやパンピザに近い味わいです。

豚肉と玉葱のハーモニーが絶品です!

 

食べて落ち着いたので店内を見回します。

中華料理店と言うよりもおしゃれなカフェに近い作りですね。

しっかり食べ比べできました。

伝票を持って支払いに行きます。

551蓬莱では正式名称は漢字で「豚饅」と呼ぶようです。

お店に入るときには気が付きませんでしたが、階段の上の店の入口の前に布袋さんが居ました。

何故か腕を上に上げて伸びをしています。「あー疲れた、豚饅たべよ♪」という感じでしょうかw

 

豚まん食べ比べのためのワンポイントアドバイス

・14時から16時がおすすめ!

ランチ時間、夕方17時以降の夕食時間になると混んでいて落ち着きません。豚まんだけを冷静に味わうには空いているオヤツの時間に行きましょう。

・支払いはクレジットカードで可能

どちらの蓬莱もクレジットカードで支払いできます。豚まん1つでもカード払い可能ですので現金がなくても食べ比べ可能ですw

・その他にも美味しい食べ物が

食べ比べが終わったあとにまだ食べられる余裕があるなら、餃子、ラーメン、麻婆豆腐なども食べ比べするのも良いですね。お店は隣同士なので行ったり来たりするのも楽しいはず。

 

おわりに

今回は大阪のミナミ「なんば」で蓬莱の豚まんの食べ比べでしてみました。

私の好みの結論としては、やはり玉ねぎと豚肉の脂っぽいハーモニーの551蓬莱です。

しかしながら本格中国系の蓬莱本館の味も改めてナカナカいけるなと感じた食べ比べでした。

あなたも是非、熱々を食べ比べしてみてくださいね!

1時間でできるので関西空港から出発する前に寄るのがおすすめですね。

 

なんばまでは遠くていけないよ、大阪駅周辺で食べられないの?という方にはこちらの記事をどうぞ。

【熱々】蓬莱551豚まんを大阪キタで食べる場所は【一択】

 

シェア頂けるとハッピー度がUPします!