ドイツでレンタカーを運転する際の注意点5個!夏休みにヨーロッパ旅行するときに。

ドイツに行ってきました♪

レンタカーを借りた時に注意すべきと感じた点が5点あったのでシェアします!
ドイツでレンタカーを借りる時の基本情報も合わせてお知らせしますね♬

ちなみに借りたのはFordのFocusワゴンです。ドイツの道路にマッチした安定した走りを見せる良い車でした。

 




ドイツでレンタカーを借りる基本

国際免許証とクレジットカードが必須です!

期限が切れていないか出発前に必ず確認しておきましょう。特に国際免許証は別のものでは対応できないので再重要です。

オートマを指定する

今もマニュアル好きの多いドイツです。オートマ車をしっかり指定しましょう。AT限定の方は特に注意してください!日本では常識のオートマがドイツではオプション扱いです!

カーナビを指定する

カーナビ(GPS)も指定しないと付きません。ドイツの方は今でも地図で旅行できるようです😁。ナビはドイツ語だけではなく英語に変更して使えます。日本語変換までは未だ一般化されていません。ナビは真っ直ぐや曲がってなどの単純なことしか喋りませんので少しすると慣れます。私は数字が聞き取りにくかったのですが画面の表記を見て対応しました。

スマホの海外ローミングを契約していく又はWIFIルーターを持参すればスマホのナビを使えるので車両のカーナビは不要になりますね。スマホを固定するスタンドを用意していけば完璧ですね。

 

 

 

 

 

最高速度制限機能付きオートクルーズ装置

多くの普通車クラスは通常はオートクルーズが付いています。マニュアルでもオートマでも同様です。さすが、高速道路を飛ばして移動する国です。

オートクルーズに最高速度制限がついているととても役に立ちます。130キロで山間地の長い下り坂をブレーキで調整しながら下るのは怖いものです。最高速度制限で車速120キロ程度にセットして下るとそれ以上のスピードは出ないので安心して下れます。

 

保険はフルカバーで入る

日本で予約した価格に追加料金を払ってフルの保険に入ることをドイツのレンタカー会社で勧められます。日本と同じですね♬

一日あたり1,000から2,000円の追加になりますが諦めて入りましょう。トラブルが起きた時のリスクを考えると安いものです。このインターネットでは出てこない追加費用も加味して予算を立てておけば当日に損した気分にならずに受け入れられますよ😁

 

 

ドイツでレンタカーを借りる時の注意点を5つ

私が特に重要だと感じたドイツでのレンタカーする時に注意すべき5点を紹介します。

1.交差点では右側優先

左ハンドル車両で右側通行の運転は少し走ると直ぐに慣れます。車の流れに従って運転すると脳が自然に認識するようです。しかしながら、運転時の注意で日本では考えられない点があります、それが右側優先です。

交差点では右側から来る車が優先です!街中で幅の広い道を走っていると突然右側から車が飛び出してきてヒヤッとする事があります。太い道ではなく右側から来る車が優先だからです。

もちろん信号や停止線、そして優先道路の線が引かれている場合は右側優先は適用されません。

街中を走る時は右から車が飛び出してこないかを注意しながら走りましょう!

 

2.ロータリーの走行は中が優先

ロータリー内を走っている車が優先です!

日本には少ないのがロータリー交差点です。信号無しで交差点をスムーズに流れを作る便利なものです。このなかでは既に進入している車が既に優先されます。

直進してきて向こうがカーブを曲がっている走行状態だとこちらが優先権があるような感覚になる時がありますが常にロータリー内に入っている車が優先です。

日本のロータリー交差点(ランドアバウト)の動画です。沖縄県の糸満市で撮影しました。

スムーズにロータリー内を車が流れています。たまに戸惑っている車両もあるのはご愛嬌ですね😁

3.レンタカーを返す前に燃料を満タンに!

レンタカーに燃料を入れ忘れるとリッターあたり500円(4ユーロです)!
(2018年3月にドイツのハーツレンタカーの例)
通常のガソリンスタンドはリッター1.5ユーロ程度ですので倍以上です。

私は日本でのレンタカー出張の感覚で無給油返却は燃料代は位置割増程度の追加だろうと高をくくって返却に行くと4ユーロと言われびっくりました。再びフランクフルト空港からガソリンスタンドまで給油に行くことになりました(;_;)

レンタカーの返却が近づいたらとにかく見かけたスタンドで燃料を入れておきましよう。飛行場の近くのスタンドは分かりにくい場所にあることもある可能性あります。

私はフランクフルトの空港からガソリンスタンドに行く途中で間違えて高速に乗ってしまい20キロも追加で走ってしまいました😁飛行機の時間に余裕があったので問題は有りませんでしたが。

次回からは空港から遠くでも取り敢えず入れておくこと決めました。飛行機がギリギリになり空港近くのスタンドに行く時間がなくてリッター500円ガソリンを払うことになっても支出を最低限に抑えるために。

ちなみに、空港には3時間前に到着するように向かいましょう!ドイツの高速道路は事故だけでなく流れが悪くなるだけでも渋滞します。渋滞にハマるとリッター500円の可能性が増えますw

 

4.スピード違反は高速降りた直後が危険

高速を降りてから街に入る途中の道は大注意!スピードカメラがそこらじゅうに有ります!

アウトバーンを130キロ以上出してノリノリで走ってきた後に街に向けて走ります。中心部に近づくまでは田舎道で信号もなく快適です。しかし・・・スピード制限は60キロから80キロです。高速から降りた直後は100キロ出ていても60キロ位に感じてしまうので注意が大注意!

私は夜に突然フラッシュが目の前で光り目潰し状態になりました。ヤラれたと気が付きましたが後の祭りです。

レンタカーのハーツから罰金と代理で対応した手数料がクレジットカードから自動で引き落とされました。ハーツから何の連絡もなく突然です。そしてドイツ語の明細書が自宅に郵送されてきました。

5.事故の時は警察を呼ばずに運転者同士で専用紙に記録

事故が起きた時に怪我人や公共物の物損が無く、車両の被害だけの場合当事者同士で記録をつくります。

ヨーロッパ全土での規定フォーム(Accident Statement Report)にアルファベットで。複写式になっているので記入後にお互いにサインしてコピーを持ち帰ります。コピーをレンタカー会社に渡して保険の処理を依頼します。

しかしながらレンタカー会社には電話で一報が可能であれば入れたほうが良いですね。後々ののトラブルを減らすために指示を仰いでおいたほうがベターです。

私は事故の経験は喜ばしいことに有りませんでした。事故が発生した時の対応をイメージしておくことで安心してドイツでレンタカーを運転できました。

ちなみに事前にインターネットからダウンロードして勉強しておくのも一つの手ですね。「accident statement report pdf」と検索するとたくさん出てきます。

 

おわりに

ドイツでのレンタカーの運転は緊張しましたが楽しいものでした。電車だけの移動に比べて格段に自由度がアップしました。

是非、あなたも運転の注意5点を気にしながらレンタカーを楽しんでくださいね♪

シェア頂けるとハッピー度がUPします!