ミニマリスト

ミニマリストのデジタル断捨離!データを残しておくことに意味はあるの?

ミニマリストのデジタル断捨離!データを残しておくことに意味はあるの?

https://nakashin.net

ミニマリストになり随分立ち、所有する物理的なものは最小限にまで減らせました。

ふと、最近考えてしまったこと

「デジタルデータが大量にありすぎるのではないか?」

ミニマリストで物を減らすために、本をPDFにし、重要な書類はスキャン、アイデアのメモはエバーノートへ入力して紙を減らし、記録に残しておきたいものは写真に残して物は廃棄する、モノを減らすためにデジタル化とミニマリスト街道をまっしぐらに進んできました。

結果として何でもかんでもデジタル化する癖が付きデータがとてつもなく増えてきて、

エバーノートのデータは8911ノート、iPhoneの写真は20,014枚とビデオが721本、Gmailが60,786行、

とてつもない数のデータが個人のストックとして溜まっていることに驚愕しました。

デジタルのデータは検索性もよく、物理的な場所も取らず膨張していることに気が付きにくく、加えて場所の費用も大きくはかからないので、ミニマリストとして生活していく際に特別な問題はないのですが、

「これでミニマリストと言えるのか?」

と疑念が沸き起こりデジタルデータも断捨離を始めることにしました。

 

今回はデータのミニマム化について参考になればと考え、この記事を作りました。

 

電子データの把握

持っているデータを把握

電子データを先ず何件あるかを調べます、私の場合は以下となります。

  • エバーノート 8,911ノート
  • 写真 20,014枚
  • ビデオ 721本
  • Gmail 60,786行、

保有している電子データをリストアップすることが最初のステップで、何年もかけてデータを溜めてきた事実に驚くことでしょう。

 

電子データの整理方法(断捨離)

データの断捨離

溜めてきたデータを整理する(捨てる)には、考え方を切り替える必要があります。

電子データにすれば場所を取らないとミニマリスト活動を進めてくる中でデジタル化してきたものは、場所も取らないし、データの保管が有料であっても、エバーノートでもクラウドサービスでも年間に1万円もかからないので整理する必要性を感じるのは難しいのです。

でも、よく考えてみましょう、

「何故、ミニマリストになろうとしたのか?」

ミニマリストになるのは、物を減らしてスッキリとしたいだけでなく、

「シンプルに最低限の大事なものと生きる」

ではなかったでしょうか?

デジタルデータも同じではないでしょうか、不要なデータに囲まれて重要なデータが見つかりにくくなってませんか?必要なデータが検索で見つからず困ったり、何年間も一度もアクセスしていないデータが溜まっていたりしませんか?

ミニマリストとしての重要なことを思い返すとデータの断捨離も大事だと気が付きます。

このステップを経て不要なデータを捨てていくことができるのです。

 

データ断捨離の重要ポイント

  • 長期間アクセスがないデータを捨てる
  • いつか使うかも?は一旦手放す
  • 必要になればどこで手に入るかが分かるものは捨てる

考え方はモノの断捨離と同じです。

 

電子データの収納場所を制限する

パソコン

データを断舎離できたら収納場所を再度見直して、再び古びたデータが増えないようにする必要があります。

データの保管方法を決めることで、何でも取り敢えずデータ化を避けることができます。特にデジタルだからだと複数の場所に保管しているものに注意。

例として、Gmailを転送してエバーノートに保管しているものは片方にしましょう。旅行や資料作成のために一時的に保管したものなどがゴロゴロと出て来るはずです。【注意】ただし、最重要なデータは複数のクラウドに置くべきです。(Gmailも一種のクラウド保管庫)

もう一つの例として、写真をiPhone写真からGoogleフォトへバックアップすることやめましょう。バックアップは安心のために必要ですが、今のクラウドは昔のパソコンのハードディスクのように突然クラッシュしてデータをすべて失う可能性は低いのです。特別な写真をバックアップしたいなら誰かに送って持ってもらう、SNSのインスタグラムやTwitterに投稿して残すほうがより安全です。

データの収納場所をシンプルに決めて制限することでデータが再び増えることが防げます。

 

電子データをきれいに保つ

データを綺麗保つ

電子データは有効に活用できることが最大の目的ですので、モノと同じように綺麗に保つことが大切なのですね。

きれいに保つための基本は直ぐに見つけやすくすることですので、タグを付ける、グループ分けするなどが基本で、逆にその手間をかけたくないデータは不要なものとして捨ててしまって良いでしょう。

綺麗に保つことでデータが使いやすくなり、持っている価値がでてきます。

 

さいごに

あなたが突然事故で死んだと仮定してください

遺族に見られたくないデータ、持ってない?

私がデータの断捨離に気がついたのは自分に対するこの質問です。

ミニマリストとして物理的な物は最低限しか持っていないし、死んだあとに残った銀行口座、不動産、所有物をどのように処分してほしいかについては遺書を作っていて、自分自身の遺体も臓器移植に使えるなら使って欲しいと希望を書いてます。

でも、電子データについては全くのノーマークで、データ内にも死んだあとに解約が必要なデータベースの取引や、オンライン銀行もあることに気がついたのです。

そして、見られたくない恥ずかしいエバーノートの内容にも気がつき、全く見返すことがない写真が眠っていることも発見したのです。そして、今、ノートや写真が自分だけで保管していて誰かの役に立たないのであれば、きっと死んだあとにも何の訳にも立たないだろうと考えたのです。

ミニマリストとして、電子データを物理的なモノと同じように必要ないものは断舎離していくことは、死ぬ前の準備として重要だと考え、日々のミニマリスト活動に加えました。

この記事がミニマリストのあなたの役に立てば嬉しいです。