ギリシャのクレタ島!断崖絶壁にガードレール無し!観光でドライブ予定の高所恐怖症の人はバスを検討しましょう。

こんにちは、ギリシャ旅行してきた「なかしん」です。

今回はクレタ島に行ってきました。クレタ島は世界最古の文明が生まれた場所と言われている島です。岩の島でとてもキレイなビーチが有ることでも有名です。特に砂浜がピンク色になるElafonissiのピンクビーチはクレタ島を訪問したなら必ず訪れるべき場所です。

ピンクビーチに行くためにレンタカーを借りました。断崖絶壁でガードレール無しの道路ですれ違う、という高所恐怖症の私には有り得ないほど恐ろしいルートでしたのでご参考にレポートしますね。

クレタ島の基本情報

ギリシャのアテネから飛行機で南に1時間の島です。

クレタ島は岩の島

クレタ島はゴツゴツした岩肌の見える岩の島です。雨も少ないようで低木が多いです。砂漠に生えるサボテンもたくさん見ることができます。家は石を重ねて作っているので岩の黄色い色で綺麗です。

島の地図と空港の位置

大きな街はイラクリオンとハニアです。それほど大きな島ではないですが空港がふたつもあります。空港間は車で2〜3時間。さすが観光の島ですね~。

ピンクビーチの場所

島の南西にピンクビーチはあります。島の西側にあるハニア空港から車で1時間程度で行ける距離です。

ピンクビーチは砂に赤い貝殻などが混ざっていてピンクに見えます。

クレタ島の道路

クレタ島の北側は観光向けに開発されていて快適な高速道路が有ります。岩を切り開いた道で整備されています。車の通行量が少ないので快適に走れます。ガードレールももちろん整備されています。

交渉恐怖症の人が注意すべきクレタ島の道は縦に北から南へ行く道路です。断崖絶壁をガードレールが無い区間が有ります。

レンタカーを借りて断崖絶壁をドライブしました

はじめに断っておきます。高所恐怖症の私の感想です。高所恐怖症で無い方は参考になりませんw

ピンクビーチに行くためにハニアから南のエラフォニスへ向かいました。車はシトローエンのC4カクチュスです。カクチュス(サボテン)車でサボテンの生えている岩の山を走るとはいい感じですと最初は浮かれていました。

こんなルートです。

山を登っていくと村も有ります。はちみつを家の前で売っていたりとのどかな道路が続きます。道が狭い場所もありますが車の通行量は少なく避ける場所も作られていてます。岩山を切って作った道路なので絶壁を走りますので高所恐怖症的には少しは怖いのですが、まあ耐えられる範囲でした。

しかし、エラフォにスマで残り10kmもない場所で恐怖が待ってました。断崖絶壁なのにガードレールがないのです。道路幅は車2台がギリギリすれ違える程度です。往路は山側を走るのですが充分に恐ろしく感じます。足はすくんでアクセルを踏む力が弱まり、手の平は汗を書いてジットリしてます。数キロの区間が数十キロに感じました。なんとか偉フォニスに到着しました。

エラフォニスからの帰りにバスとすれ違う

エラフォニスのピンクビーチの駐車場では観光バスが並んでいました。やはり大人気のビーチだけあり北側のホテルに泊まって日帰りでバスで来る人も多いようです。帰路のドライブでは絶対にこのバス達とガードレールがないゾーンで出会いたくないと心から願いました。

バスに崖で出会いたくないのでハニア方面へ戻る日は遅く出発。バスは昼食を観光客がエラフォニスで食べられるように午前中に到着するはず。だから昼頃ならバスとすれ違うことは無いだろうと正午近くに出発しました。

しかし、望んでないことは怒るもので、、、

一番悪いガードレールのない場所でバスに出会いました。私は崖側、バスは山側です
最初は少しバックしてバスに譲ろうとしました。これが既にスーパー恐怖でした、崖でバックミラーを見ながら後ろに少し進みますが怖くてストップ。バスが先に通ってくれることを期待しますが、残念ながらバスは一時停止して私に先にどうぞと即します。

しかし、怖くて進めません。しかしながら、向こうもこちらも渋滞を作っているので意を決して行くしか無くノロノロと進んでいきました。なんとか崖から落ちずにすれ違えました。汗だくでした。

その状況を助手席(左側)から撮影しましたので動画でどうぞ。怖いながらも助手席に「ビデオ撮影して!」と言ったのです。怖かったのと最悪落ちたら記録に残そうと思ったのです。(少しは余裕が残っていたのかもしれません😁)

これが高所恐怖症の私のクレタ島での経験でした

 

クレタ島の南に高所恐怖症の人が行くならバスがオススメです。

私の高所恐怖症のレベルは、山間で見晴らしの良い場所に行くと足がすくむレベルです。日本での運転でも崖の道はガードレールがあっても足はすくみます。

同様の高所恐怖症を持っている方はクレタ島のピンクビーチに行く際はバスで行くことを検討オススメします。バスは時間が読めないし荷物も詰めないのでレンタカーに比べて不便ではあります。北側はレンタカーを運転し、南側へ行く際だけをバスにする手は有りますね。

バスの地図はこんな感じです。

おわりに

高所恐怖症のあなたがクレタ島でピンクビーチに行こうと考えているのであれば

①ガードレールのない断崖絶壁でバスとすれ違う覚悟をして行く
②不便だし時間も読めないけれどバスでいく

を検討してくださいね😁

シェア頂けるとハッピー度がUPします!