シンガポールのチャンギ空港内ホテルの予約ができないときの裏技!ラウンジの有料個室で3時間寝て体調回復させた。

体調悪かったんです。

シンガポールのチャンギ空港に日本から着いたときに。

シンガポールのチャンギ空港でトランジットのため10時間空港内に滞在しました。元気にシンガポールの街に出て楽しもうと思い買ったフライトでした。残念ながら到着時に体調が悪く、空港内でギリシャ旅行のために体力回復に務めることにしました。

プライオリティ・パスを持っているのでチャンギ空港のラウンジは使い放題です。ひとつのラウンジ滞在ごとに3時間制限があるのでラウンジを転々とながらの休憩です。

ターミナル2で飛行機を降りてから同ターミナル内のsatsラウンジとAmbassadorラウンジで5時間過ごしました。フライトまではまだ4時間以上ありますが日本時間にすると夜の11時位なので疲れはピークです。

風邪のようで喉が痛く頭も重くキツイので、お金をかけてでもゆっくりしたいと決めてターミナル2のAmbassadorラウンジの隣りにある空港内ホテルへ向かいます。カウンターで泊まりたいと言うと満室だから無理と冷たくあしらわれる。

しかたがないので次はターミナル1のラウンジにでも行くかなあ、と移動しました。

 

ターミナル1に着いて、ターミナル2には無いラウンジブランドPLAZA PREMIUNMに入ってみました。眠れそうなソファーはないかなあとフラフラと中を歩いているとドアにベッドのマークが有ります。

 

今回はこのベッドのマークの小部屋で寝てみた話です。

 

プラザプレミアムラウンジ(PLAZA PREMIUM LOUNGE)の基本情報

場所:チャンギ空港ターミナル1(出国後のゾーン)
設備:ソファー席、食事とドリンク、VIPルーム、無料WIFI、パーテーションで仕切られた狭い机付きの席、シャワー、個室ベッドルーム
PLAZA PREMIUM LOUNGEのページリンク(英文)

 

 

プラザプレミアムの個室ベッドルーム(Private Rest Area)

ベッドのマークを見つけたのでどんなところかとドアのノブを回してみます。鍵がかかっています。

ラウンジのカウンターに行き、受付のお兄さんに個室を見せて欲しいとお願いします。お兄さんは珍しい人でも来たかのように少し驚いた表情をしますが、快く鍵を引き出しから出して案内してくれます。

鍵を開けて中を見せてくれました。動画で見てみてください。

 

 

個室ベッドルームの詳細

スタイル:ドアに鍵のかかる完全な個室
広さ:4.5畳くらい
設備:シングルベッド1台、机と椅子、大きな鏡
価格:75SGD(約6200円) *2018年春現在
使用時間:3時間

 

値段が高い!

流石に3時間ベッドを借りるだけに6000円台は高すぎると感じます。10秒くらい迷いますが、ギリシャ旅行中に風邪状態が続いている方が良くないと最大の目的を思い出して、「OK」と了承しました。

これからLLCのスクートの厳しいエコノミーシートで11時間のフライトも待っています。

カウンターに戻ってクレジットカードで支払いを済ませます。カウンタのお兄さんは”分”の部分は切り捨てて3.5時間使って良いよと気を使ってくれました。

 

個室ベッドルームはこんな感じでした

部屋に入って鍵をかけると完全な個室になりました。ラウンジのソファとは異なり安心感があります。シャツやきついズボンも脱いで落ち着けます。

スリッパもおいてあり靴も脱いで歩けます。

ベッドはシングルですが白いシーツで清潔です。

机はしっかりしたもので集中して業務をすることもできそう。

シャワーもラウンジ内にあるので汗もかいているし浴びようかなあと考えましたが寝ることが一番大事とやめておきます。

個室ベッドルームの快適加減

とにかく眠ろうとベッドに入りました。

眠ろうとするとラウンジ内の音が気になりだしました。人の歩くと音、携帯で話す音、食器の当たる音がします。ラウンジ内で座っている分には普通の音なのですが寝ようとすると気になる音です。

イヤホンを出して音は出さずに耳栓代わりにしました。

次にだんだんと寒くなってきました。南の熱帯国に特有のクーラの効かせ過ぎです。個室だけにガンガンにクーラーが効いて寒いのです。

布団をしっかりかぶって寝ました。疲れが酷くてクーラーの温度調整を探す気にもなれませんでした。

気がついたら眠っていました。1時間に一回くらい目が覚めていたのは時間の緊張からでしょう。

 

結果として個室ベッドルームはおすすめですか?

結論としてはおすすめです

チャンギ空港内のホテルが満室で、それでもどうしても横になって眠りたい際の選択肢としては良いですね。

使用料金の3時間で6000円は割高に感じますね、2000円位なら納得の価格かも。しかしながら、価格が高いからこそ使う人が少なくて疲れ切っている人のために空いているとも言えますね。

疲れていないときは使用する意味は特にないと思います。ラウンジのソファでもそれなりに快適ですから。

 

その他のチャンギ空港で横になって眠れる施設を3つ紹介

 

AmbassasdorラウンジのNAP SUITE

アンバサダーラウンジにもPLAZA PREMIUM ラウンジと同様にベッドルームがあります。T2とT3の両方にあります。

こちらはドアが無くて完全個室ではなくカーテンで仕切っていてるので少し割安です。

価格; 三時間で41.20SGD(約3400円)*2018年春

アンバサダーラウンジの公式ページ(下の方にNAP SUITEの説明あります)

 

Ambassadorエアポートホテル

有名なチャンギ空港内ホテルです。私は予約無しで入れませんでした。もし使う予定なら事前予約が良いですね。Webページの写真を見る限りは快適に眠れそうなシングルベッドです。

飛行機内のWIFIも整ってきましたので、日本からシンガポールまでの7時間のうちに疲れが酷いと感じたから飛行機内から予約してしまうのも手です。公式ページからも予約できますし、エクスペディアやBooking.comからでも普通のホテルと同様に予約できますよ♪

(参考)アンバサダーホテルT2の公式ページ

 

クラウンプラザ・チャンギ空港

ターミナル3に直結したホテルです。お値段は2万円くらいは必要ですが間違いなく快適に過ごせます。こちらもホテル予約サイトで簡単に予約できますよ。

(参考)クラウンプラザ・チャンギ空港の公式ページ

おわりに

シンガポールのチャンギ空港にトランジットで到着して、体調が悪くて外に行く気にもなれず、空港内ホテルが取れず、でも横になりたい。そんな疲れ切ったときにはプラザプレミアムラウンジの個室ベッドルームはおすすめです。逆に言うと疲れ切っていなければチャンギ空港もシンガポールも、眠らなくても楽しく過ごせる場所が沢山あるので不要ですね😁

私は個室ベッドルームで3時間横になって眠れたおかげで体調を回復できました。その後の11時間のフライトもキツくなく過ごせました。ギリシャにつく頃には風邪からは回復していましたね。シンガポールのチャンギ空港で睡眠にお金を払った価値は有りました。