飲み会にはカバンを持たずに「手ぶら」で行くと快適!

こんばんは、アルコールに弱いなかしんです。

このオススメはサラリーマンでお酒が弱いけれどお酒が好きな人のために書いています。

サラリーマンは飲み会に参加することは仕事の一部です。しかしながらアルコールに弱い私には結構きつい仕事です。

お酒の弱さはビール一杯飲むだけで真っ赤になるレベルです。しかしながらアルコール飲料を摂取することは好きで飲みすぎてしまい酔いがまわりすぎることが多々ありました。そのため飲み会に行くときは飲みすぎてカバンを忘れてしまわないか不安でした。

この悩みを飲み会に「手ぶら」で行くことで解決できました。

お酒を飲んでぼんやりしてしまい忘れ物をしたことがあるあなたは必ず一度試してみてください。忘れ物がなくなりかば快適に過ごせるようになりますよ。

 

カバンが飲み会に行く際の不安の要因でした

飲み過ぎて酔ったときに一番困ることはカバンを忘れる可能性がある事

お店に忘れるかもしれないし電車で寝てしまうと誰かに持ち去られるかもしれない。私物だけならまだ良いですが会社のパソコンや重要書類を入れた鞄を無くすと始末書ものです。

ある日、鞄を持って飲み会に行くことが安心して飲めない要因と気がつきました。

 

鞄を持って飲み会に行く必要があるのか考えてみた

ある日、ふと考えました「何故、鞄を持って飲み会に行くのか?」と。

サラリーマンの飲み会は会社帰りなので通常は鞄を皆が持っています。カバンの中に入っているものは書類やパソコン、傘や防寒具、新聞や本、スマホや充電器、財布、そんなものですね。

カバンの中のものを必要か検討した

まず書類やパソコンは?

飲んだあとには帰宅してからの作業はできないので仕事をする道具は必要ありません。会社においておけば良いですね♪

飲んでも家でパソコンを開いて仕事をする人もいるでしょうが頭がまわらないので効率は悪すぎます。次の日の朝に少し早く出社すれば業務に支障はきたさないはずですよ。

 

次に傘や防寒具は?

傘は雨が降ってきたらコンビニで傘を買えば対応できるので不要です。防寒具も寒ければ百均でかっぱを買えばOK。傘が必要なほどの強い雨が降っている際は酔った状態で最寄り駅から歩くのは危険です。傘を買わずにタクシーを使うほうが安全です。

 

新聞や本は?

新聞や本などの電車で読むものはまさに持ち歩く必要全く無し!酔っ払っていると読んでも理解が進みません。

帰りの電車でどうしても何か読みたくなったらコンビニで買えば良いです。そもそも酔っていると通常は読めないし読まないので不要です。

 

スマホと充電器は?

すまほはカバンに入れずにズボンのポケットに入れておくと良いですね。充電器はスマホの飲み会前にしっかり充電しておけば家まではもつでしょう。

会社の人たちとの付き合いなので、合コンのようにスマホの写真を見せ合ったり、SNSを交換し合ったりもしませんので充電器が必要な状況にはなりません😁

 

財布は?

財布はポケットに入れましょう。長財布の場合は飲み会のときだけ現金とキャッシュカードの入る小さい財布に変更してしまうという手もあります。

 

検討した結果カバンはいらないと判断できたので実行した

鞄の中のものを検討していくと鞄を持たずに会社の飲み会に参加して問題ないと判断できました。

そして「飲み会には手ぶらで行く」ことにしました。

何度も会社にカバンを置いたまま飲み会に行きましたが飲み会後に困ることもなく会社の業務にも影響はなかったです♪

 

カバンを持たずに飲み会に行くメリットとデメリット

鞄を会社に置いて手ぶらで飲み会に行くことにしてから鞄を忘れる可能性が無くなるだけではなく他にもメリットがありました。そしてデメリットもありました。

 

飲み会に手ぶらで行くメリット

①カバンを忘れない

カバンを持っていかないのでカバンを忘れることが有りません😁これが一番のメリットです。鞄を持たず手ぶらで飲み会に行くと飲みすぎてしまったあとに何かわすれるかもという不安感が消えました。

 

②帰りたいときにそっと消えやすい

カバンがなければ黙って消えることができます。入口近くに居る幹事に一言挨拶して出ればOKです。

カバンは奥の方にまとめて置いてある事が多いので、誰かに帰ろうとしている行動を見つけられてしまいます。見つかると酔っぱらいに絡まれて帰ることができません。

つまらない飲み会なら1時間位我慢して、全体に酔いが回ってきたら帰るのが吉です。

 

③軽くスイスイと歩ける

酔ってカバンを持っていると重量バランスが悪く歩くことが苦痛です。しかしながらカバンが無ければ身軽にスイスイ歩けます。

アルコールも手伝って体が軽くバランス良く快適に歩けるので家までの距離が短く感じれます。

 

④別のルートで寄り道もOK

飲んで酔っ払うと遊びに行きたくなることも多いですね。飲み会の後にクラブに行くなど別のルートに変えることもカバンがなければ簡単です。荷物を気にせず気軽に何処へでも行けます。遊びに行くためにコインロッカーを探す必要もありません。

 

飲み会に手ぶらで行くデメリット

次の日に出張の場合にリスクあり

飲み会の次の日に出張がある場合は手ぶらはリスクあります。朝早くに会社に荷物を取りに行くなど追加の行動ができてしまいまうので時間に遅れるリスクがあります。

次の日が出張の場合は諦めてカバンを持っていき早めに帰りましょう!

 

徹底的に飲んでしまうと危険

私は荷物がないので安心すぎて飲みすぎてしまったことがあります。恥ずかしながら飲みすぎて道路で寝てしまい雨にうたれて起きました。カバンを持っていないので何も無くなりはしませんでしたが身体には悪すぎです。

道路で寝てしまうほど飲まないように気をつけましょう!

 

まとめです

「飲み会にカバンを持たずに行くとより安心して楽しめます!」を紹介しました。お酒が弱くて、でもお酒が好きで、そして荷物を飲み会で忘れたことがある人は試してみてください。

このアイデアを社内で積極的にオススメし続けたましたが共感してくれた人は若者1名だけでした(;_;)。私と彼の2人だけが手ぶらで会社の飲み会に行ってました。「なぜカバンを持っていないの?」と聞かれたことは数えきれません。「サラリーマンはカバンを持っているもの」という常識が世の中にはあるようですね。

この記事を読んでくださったあなたは「手ぶら」に興味があるはずです😁。先ず一度騙されたと思って試してください。新しい世界が待ってますよ♬