花粉症で鼻水が止まらない!止めるたい!楽になりたい!

 

一番キライな季節は春です!

こんにちは、花粉症歴20年以上の’なかしん’です。

花粉症の時期が始まると、鼻水、くしゃみ、目のかゆみ、倦怠感・・・・・毎日が修行のようです。

そんな’なかしん’ですが、1番辛い鼻水の対策を見つけましたので共有します。

それは、単純ですがマスクを24時間装着すること。

単純ですが、鼻に花粉を入れないことがいちばん大切だからです。
なかしんは、花粉症の時期は一日中、屋外はもちろん屋内でもマスクしてます。食事の時も寝るときも可能な限り装着します。
マスクをすれば花粉症の鼻水を激減できます。

花粉症で鼻水が出る原因

花粉症のアレルギーで鼻水が流れてくる原因は、花粉が鼻腔内の粘膜にくっつくこと。鼻の中に入ってきた花粉を排除しなければと身体がが勘違いする。その結果、花粉を洗い流せと脳が鼻水を大量に分泌する司令を出します。

 

花粉症の鼻水を止めるには?

原因が鼻腔内にくっついた花粉が原因なので、可能な限り鼻の中に花粉を入れないことが鼻水を止めるための最大の対策です。

花粉症の対策には、抗アレルギーの薬を飲む、少量の花粉成分を注射して体が反応を起こさなくするなど医療的な治療もあります。しかし、医療的治療は身体の勘違いを弱める薬のため、脳がぼんやりしてしまうなどの副作用もあります。

鼻の中に花粉を入れないために効果が高い方法がマスクの装着です。マスクは身体に薬のような副作用は無く、自然な状態でいられるメリットがあります。そして、室内でも、寝るときでも可能な限りはマスクを付けておくことが重要です。室内に入るとマスクを取る人も多いですが室内も花粉は沢山あります。室内も外との出入り口がある以上、ドアを開けた時に入る、服にくっついてくるなど花粉が入る経路は沢山あります。

だから、24時間可能な限りマスクをすることで、花粉症が原因の鼻水は激減できます。

(注意)目のかゆみには効果はありませんので、目のかゆみがひどい方はメガネや薬など併用してください。

 

 

『おまけ』追加のメリット『マスクを常にすると?』

マスクをしていると発生する追加のメリットがあります。

それは、人前での緊張が減ることです。(個人的な実感)

口の表情(状態)が他人に見られないこと、そして顔の半分が隠れていることで顔全体を隠していると脳が誤認するから緊張が減るとなかしんは考えてます。

なかしんは、人前での発表などでは極度に緊張するタイプなのですが、マスクをしていると緊張が減ることを発見しました。これまでは発表者がマスクを着けていると聞く人に失礼かと思い薬を飲んでました。だけど、マスクを常にすると決め、発表でも付け続けた中でこのメリットを見つけました。

人前での説明でも、マンツーマンの打ち合わせでも確実に緊張度が減ります。

はじめにも書きましたが花粉症のために春が嫌いになっていました。けれどもマスクをずっと付けて対人緊張を減らせる季節と気が付き、春が好きな人に戻れました

 

 

おわりに

花粉症の鼻水を止める、単純で効果的な方法、『マスクをずっとする』を今日はおすすめしました。

とても単純な方法ですが、非常に効果が高く、薬を飲むよりも健康に良い解決策なので是非試してみてください。

1日100円で試せます。